さんざんアファーメーションを唱えてきて、「もうこんなの効果ない!」とさじを投げていないでしょうか?

「感謝」を一日に千回唱えたり、鏡に向かって「私は愛されている!」と唱えたことはないでしょうか?

少なくとも僕は過去にこれらを全て経験してきたタイプです(笑)

確かにどの方法も効果があるのかないのか、あまり実感できなかったことを覚えています。

そして、いろいろと試行錯誤しているうちに「これは超効果あり」と思えるアファーメーションの方法を見つけたので今日はその重要な2つのポイントをご紹介します。

 

実際にクライアントにも試して頂き、変化を感じられたものばかりなので、是非試して頂きたい内容です。

 

1何故アファーメーションが効果的なのか?

そもそもアファーメーションに効果があるのか、ないのか?という議論は必要ありません。

何故なら、僕たちは普段から無意識にアファーメーション(暗示的な言動)を自分に刷り込んでいるからです。

 

 

人間の性格や思い込みが形成されるのは、意識的にしろ、無意識的にしろ、思考の内容によって決まります。

 

 

例えばいつも不安に支配されている人は「そういう性格、そういう日常」の結果を招きます。

逆にある程度前向きに過ごす癖ができている人は「明るい毎日」を比較的送ることができるでしょう。

 

 

私たち人間は一日の中で思考を2万回以上繰り返していると言われているので、自分で気づかない間に「あぁでもない、こうでもない」と自分と会話しているのです。

その自動思考の中には「自分はダメだ・・」とか「今日も何だかやる気がしない」とかという否定的な自己暗示が含まれていることもあるかもしれません。

 

 

例え明確な言葉にしなくても「今日はなんとなく元気ない」という感情やイメージを無意識に持っていれば、それを刷り込んでいることにもなります。

つまりこれはアファーメーションと同じ効果をもたらします。

 

 

なので、アファーメーションを意図的に言葉として使わなくても、私たちは日頃から行っているということです。

そして、それは今の自分の人生を形作っている原因となっていて、良くも悪くも効果的に使ってきているのです。

 

2アファーメーションで気を付けたいポイント

普段から無意識にアファーメーションを使っているなら、それにまず気づいていくことが大切です。

自分の思考に気づくことで、より良い使い方ができるようになります。

 

既に前回お話しした記事今すぐネガティブ思考を改善するプロ直伝の4つのステップ

この記事でお伝えした自動思考に気づく練習が非常に効果的です。

自動思考に気づきくことは以下の通り、とっても重要な要素となります。

 

ネガティブに支配させない方法

まずは無意識にネガティブ思考に支配されていては、いくら「ありがとう」を千回唱えても、自分を否定してしまう言葉が邪魔をして逆効果となります。

 

つまり自分の中で根本的にネガティブ思考や不安、何かに対する抵抗がある場合は、そこを処置していくことから始める方が、急がば回れ的な感じでうまくいくようになります。

 

無意識の独り言やイメージに気づくことから

 

なので、まずは日常生活の中で無意識に感じている自分の感情や、反応する思考に気づくことからやってみると良いでしょう。

 

仮に良い言葉を繰り返しアファーメーシとして唱えたとしても「馬鹿らしい」とか「意味あるのかなぁ」と裏で思いながらやっていてはそれこそ「意味がない」という効果が発揮されます。

 

逆に「効果を期待せず、そのこと自体を楽しみながらできる状態」にあれば、徐々に効果は発揮されていきます。

 

3アファーメーションの間違ったやりた方

先ほど述べたように、アファーメーションをいくらしても逆効果になるときは、その言葉の裏にある思い込みの方が重要です。

まさにアクセルを踏みながら、ブレーキを踏んでいては前に進めない!という状態です。

 

やっていて苦しいならやらない方がマシな理由

 

例えばミラーワークというのが昔からありますが(ルイーズ・ヘイが考案したやつ)

鏡に向かって「私は愛されるに値する人間です」というアファーメーションを鏡に映る自分に伝える効果的なワークです。

 

これも以前クライアントに試してもらいましたが、人によっては「やっていても苦痛なだけ」と思えることがあります。

 

その場合はそもそもまだその言葉を受け取れる状態まで肯定できていないので、やればやるだけ苦痛に感じるわけです。

であれば、まずはそういったワークは一旦やめてしまった方がマシです。

 

その場合は以下のようなもう少し効果的なアファーメーションを使ってみましょう。

 

4アファーメーションの効果的な使い方1

アファーメーションを刷り込むときは、自分の抵抗が感じられないときを狙うことが重要です。

上記でお伝えしたとおり、心の裏側で反発している自分のままでは、逆効果になるため、できるだけ自分の心の抵抗がない状態を狙ってアファーメーションを入れるのがベストなのです。

 

アクションと一緒にアファーメーションをする

その方法の一つとして効果的なのが1つのアクション(行動)をしているときに、心の中で一緒にアファーメーションも唱えてしまうというテクニックです。

 

例えば食事の後、お皿洗いをしながら「汚れが落ちてきれいになっていくと自分の心もクリアになって満たされていく」というような言葉を感じながら行うと一石二鳥の効果が得られます。

 

もしこの言葉でも抵抗を感じるようなら、語尾を「~な気がする」とか「~かもしれない」という言葉に置き換えてみると良いです。

 

お皿の汚れが落ちて綺麗になることは事実であり、それに合わせて自分の心もクリアになって満たされるというのは事実に合わせた言葉なので、非常にスッと入りやすいことが理解できるでしょう。

 

5アファーメーションの効果的な使い方2

例えば何もないときに「ありがとう」を連発して唱えるから何だか違和感を感じるわけです。

であれば、2つめのテクニックとして、実際に感謝できることに合わせて、心を込めてアファーメーションをするというのが効果的です。

 

つまり本当に自分はそうだと感じられるときにこそ、アファーメーションを一緒に唱えるという方が、効果的なのです。

これは当たり前のようですが、実際にやっている人は多くはありません。

 

例えばお風呂に浸かって心地良さを感じているときに、「あぁありがたいなぁ幸せだな」と感じたり、言葉にすることを忘れてしまう人は少なくありません。

 

当たり前すぎることなので、ついつい感謝や、感じることを見落としますが、そういったときこそ自己肯定を高めるチャンスなのです。

 

6結局大切なのは行動に変えられるかどうかだ

そして、一番最後に一番大切なことを言います。

それは、アファーメーションを最大限に活かすのは「行動」です。

 

例えば「私は一年後にアメリカに語学留学する!」と宣言して、何も行動を起こさなかった場合、きっと自己肯定感が下がってしまうでしょう。

 

逆に少しずつでも準備をしたり、英語を覚える努力をしたり、お金を貯めるなどの行動を起こせていれば、例え実現できなくても自分を責めることはなくなります。

 

人間は行動によってこそ、本当に自分を納得させることができます。行動によるちょっとした変化によって、「自分はできるんだ」と本当に思えるようになるのです。

 

逆に口先だけのアファーメーションをやっていては、いつまでも何も変化は起きません。

例えば「やる気が出てくる、やる気が出てくる!」と一生懸命唱えたとしても、その後すぐに何もしなければ、「やっぱりアファーメーションなんて効果ないんだ」という事になります。

すると悪循環を招いてしまいます。

 

他にも「私は自分に自信がついてきた!」と何百回唱えても、その後何もしなければ、自信を失います。

それよりも、自信をつけるためのちょっとした小さな行動を毎日起こす方が、何十倍も自分を説得できるでしょう。

最終的に潜在意識を変えるのは自分の小さな行動こそが重要となります。

 

 

まとめ

人間はアファーメーションを意図的にしていなくても無意識に言葉やイメージを自分に刷り込んでいる。

無意識に使っているマイナスの暗示に気づくにはこちらの記事も参考にしてほしい。

今すぐネガティブ思考を改善するプロ直伝の4つのステップ

 

 

アファーメーションの間違ったやりた方をやめる。どんなに1000回唱えても心の奥が大切で、苦しい、楽しくないならやめるべき。

アファーメーションの効果的な使い方1

・アクションと一緒にアファーメーションをする

アファーメーションの効果的な使い方2
・本当にそう感じているときにアファーメーションを入れる

 

更に詳しい内容は以下の無料メール講座でも扱っています。

自分を変えたいというときに、是非ご活用下さい。