引き寄せの法則は

今この瞬間の感情の方向で決まります。

 

何故良い気分の選択をしなさいと言われるのか?

その理由や、ポイントについて今日は解説します。

 

 

自己認識(自分の器)を正しく設定していますか?

 

 

仕事柄、相手との会話の中で

「どんな言葉を使っているか」によって

その人の今の状態や、その後の状態がだいたい予測できることがあります。

 

 

 

それを観察するための一つの手がかりは

相手が今、「自分自身のこと」をどう思っているかを観察することです。

 

 

つまり、「自己認識」を正しく設定しているのかどうか?です。

 

これは願望実現において非常に重要なポイントで

今度ワークショップでも扱います。

 

自己認識とは

 

  • 自分が自分のことをどう思っているか
  • 自分のことをどう捉えているか
  • 自分の今日一日をどう捉えているか
  • 自分のさっきまでの時間の過ごし方をどう捉えているか
  • 自分の今この瞬間をどう捉えているか

 

こういったことがとても大切なんですね。

 

 

引き寄せの極意でよく言われるのが

「良い気分の選択をしましょう」という考え方があります。

 

良い気分でいるから、良い事が引き寄せられてくるという法則です。

 

 

そして、良い気分を選択するにはまず

自分の感情が今どこに向いているのか観察してみることから始まります。

 

 

例えば「今日は〇〇がうまくいかなくて、残念な一日だったなぁ」と捉えてしまうことがありませんか?

 

・仕事の結果が思わしくなかった

・人間関係で嫌なことがあった

・ミスをしてしまった

 

などなど、こういった事だけを自分の結果として捉えて

 

それが今の自分の感情そのものに影響を与えていませんか?

 

〇〇ができない自分はダメ

〇〇がまだ足りていない自分はダメ

目標の数字に到達していない自分はダメ

 

こういった捉え方をしている限り、

そのマイナスの現実はずっとあなたにくっついてきます。

 

 

 

〇〇を200個見つけてくださいと言われた女性

 

ある癌患者の女性が病気をメインに扱う知人のカウンセリングを受けに来たときのことです。

 

 

彼女は、毎日自分の体を癌がむしばんでいる状態にフォーカスし、

どれだけ辛い状況か熱心に訴えてきたそうです。

 

実際に体は疲れ、痛み、食事も満足にとれません。

 

 

しかし、そんな彼女にある宿題をだしたところ

 

数か月後に彼女はその癌を克服し、ステージ3だった癌が消えてしまいました。

 

 

それはどんな宿題だったのかというと

「素晴らしいと感じることを200個見つけてきてください」

というワークでした。

 

このワークにはちょっとしたコツというか考え方が必要なのですが

彼女はそれをしっかりとやりとげました。

 

 

当然、その他の科学的な医療も受けていましたが

そこから得られる数値や結果がみるみる変わってきたというのです。

 

 

この現象を信じるかどうかは人によって様々でしょう。

 

 

しかし本質的なことは

自分が「不足」に常に目を向けているのか

 

それとも

「充実」に目を向けているのか

 

この差がポイントになるということです。

 

 

そしてこの差が夢を叶えるあなた自身の「器」を作ります。

 

 

 

器がないと、欲しいものが入って来ようがありません。

 

まずは、その願望にふさわしい状態の器をつくること。

 

 

「不足」に目を向けているのかそれとも

「充実」に目を向けているのか。

 

このことだけでも日々の生活の中で意識してみると現実の変化に驚かれるかもしれません。

 

「思考に気を付けなさい」というのは真実であり、現実をも変えてしまうということです。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

2018年9月のワークショップの残席3名です。↓↓↓↓↓↓

9月ワークショップ