よく引き寄せの法則の例え話や

量子力学の話では

 

私達が住んでいるこの世界は

映画「マトリックス」の世界と同じだ。と例えられることがあります。

 

 

この話を知っているかどうかで

自分の人生に対する捉え方も変わってしまいます。

 

 

この世のカラクリを知っているか

 

それとも知らないまま生きるのか?

 

 

↑こんな重要なテーマがマトリックスでは描かれているんですよね~

 

ちなみにあなたはご覧になったことはありますか?

 

 

この映画の重要性を簡単に説明するなら

 

 

普段、私達は全く気づかないけれど

この世界は幻影、投影の世界で生きています。

 

そして本当の創造的で自由な存在の自分を取り戻すことで

この世界を自分の思ったとおりに創造できる。

 

といったメッセージが隠れています。

 

 

一般的にマトリックスは

アクション映画として素晴らしい評価を得ていて

当時は撮影技法が斬新で、様々な影響を世界に与えました。

 

例えばこのシーンは有名ですよね。

 

マトリックスはアクション映画として

非常にわかりやすく、しかも面白くつくられています。

 

 

なので幅広い世代に認知されるように

エンターテインメント性を重視してつくられています。

 

 

ですが、その裏にある最も伝えたいテーマは

先ほど言った、「この世界の本当のカラクリ」です。

 

 

映画の中でも

真実を知りたいかどうか

主人公に選ばせるシーンがあります。

 

 

そして主人公は

どんどん本当の自分を取り戻し

眠っていた力を発揮するようになります。

まるで何でもできるスーパーヒーローのように!

 

 

でもこれって実は映画の世界の話ではないんですよね。

 

カラクリを知っているか知らないか。

 

これは人生を大きく左右します。

 

 

人生は映写機に映し出された投影?

 

映画館で見る映写機、一度は見たことがありますよね。

 

人生はまさにこの映写機のメカニズムのようです。

 

 

映し出されている映像はホンモノではなく

あくまでも「投影」されたものです。

 

それを映し出している元は映写機にあります。

 

つまりこの映写機が「本来の自分」であり

映し出されている映像は「幻」のような存在です。

 

 

映像=幻の人生

映写機=本当の自分

 

という構図です。

 

 

 

ですが、私達はそれに気づかず

リアルすぎる幻の中を一生懸命に生きています。

 

 

そしてマトリックスの中では

幻を映し出している元の「自分」

 

つまり「本当の自分」という存在に気づきなさい。

 

と伝えています。

 

 

そうすれば

映し出す映像は自分で決めることができます。

 

自由に人生を描くことができるというわけですね。

 

 

本当の自分に気づいていくにはどうすればいい?

 

 

本当の自分に気づくとは

「本来は人生は自分で自由にデザインできるんだよ~」

 

という真実の側に立つことから始まります。

 

 

そうすれば、

「やっぱりそうかもしれない」

「確かに思った通りに現実が創られている」

 

という証拠集めができるようになっていきます。

 

このことに気づいていくには

ちょっとした工夫とコツが重要です。

 

 

そして、以前からお伝えしているとおり

この世界は自分の「信じ込み」によって創られています。

 

 

なので

今日のこの記事をきっかけに

「この世界は自分で創っていくことができるんだ」と知って

 

その証拠集めと、事実を自分の中で固めていくことで

それがまさにあなたの中の真実となります。

 

この繰り返しによって自分に自信がついて

 

まさにマトリックスの主人公ネオのように

「自分は何でもできる」と思えるようになっていく。というわけですね。

 

 

今日はマトリックスをヒントに

「この世界のカラクリを知っているか、知らないか」というテーマでお届けしました!

 

あなたの中の成功の種が芽生えれば嬉しいです。