これを読んでいるあなたは

自分の「やりたいこと」が何か分かっている人でしょうか?

 

 

もし「まだ分からない」という場合は今日これから書く内容を読んでみて欲しい。

 

きっと何かのヒントを得られると思います。

 

 

何故「やりたいこと」が分からないのか?

 

 

結論から言うと

「やりたいこと」が分からないのではなく

「そう思える状態にない」ということ。

 

 

そう思える状態にないというのは

・やりたいとに対する「考え方」がズレてしまっている

・心がついていっていない

 

 

この2つが大きな原因なんです。

 

 

そもそも「やりたいと」に対して幻想をもっていない?

 

「やりたいこと」というのは

自分が人生をかけて一生やっていく必要があるものだ・・・

とか

 

ずっと楽しくやり続けられるものだ・・・

とか

 

 

才能を発揮できるものでないとダメだ・・・

とか

 

ある程度、人の役に立つものでないと・・・

とか

 

お金が稼げないと意味がない・・・

とか

 

 

ここに書いたのはあくまでも数例ですが

「やりたいこと」という言葉の中には

上記のような「思い込み」が隠されていることがあります。

 

 

正直に言うと・

少なくとも20代、30代前半の頃の僕は

上記のような思い込みを「無意識に」持っていました!(笑えるぜぇ)

 

でも、しかし

 

少しずつ、上記のような思い込みが

「あれ、やりたいことってそういうもんじゃないかも?」と

 

 

思えるようになってきてから

本当に自分の人生でやりたいとがぼんやりと見えるようになってきたわけであります。

 

 

やりたいとを発見するためにまず必要なポイント

 

昔から「大切な答えは自分の中に既にある」

な~んて言いますよね。

 

そう、確かに本当に心の中に既にあります。

 

でも実際にそれを発見するためには

心にエネルギーがないと見つけられません。

 

心のエネルギーというと怪しいですが

そうではなく

単純に元気とか、健康とか、ポジティブな状態がそれです。

 

 

だって、少しでも前向きに物事を捉えることができれば

少しキツイ状態であっても

前に進み続けることができます。

 

逆に心にエネルギーがないと

物事を推し進めるパワーがなくなってしまいます。

つまり心が追いついていかなくなるわけですね。

 

 

人は「やりたいこと」に対して幻想を抱いていますから

 

ちょっと挫折したり

人間関係でトラブルが起きたり

失敗を連発してしまうと

 

 

「あぁ自分はこの仕事向いてないんや~」

と思い始めてしまいます。

 

そしてその思い込みを加速させてしまいます。

 

「俺は本当は何が向いているんだろう」

「私は何がやりたいんだろう」

 

こういった「沼」にハマってしまうのです。

 

 

ですから、「やりたいこと」を発見するためのポイントは

 

「やりたいこと」に対する自分の思い込みに気づくことからなんです。

 

僕の場合

「人生の目的(やりたいこと)はずっと続けられることでないとダメだ」とか

思ってました。

 

 

いやいやでもちょっと待てよ。

 

途中でやりたいとが変わってもいいんじゃないか?

 

と思えるきっかけがあり、そう思えたことで

逆にいろいろな事にチャレンジできるようになりました。

 

 

その考え方になってからまさにいろいろな事にチャレンジしました。

 

アルバイトもいろいろやりましたし、

収入が減っても、やりたいことをやろう!と思えるようになりました。

 

 

でもだからといって一つひとつ中途半端にやるのではなく、

ちゃんと自分の成長のために一生懸命にやることが大切です。

 

 

そう思えるようになると

例え人間関係でトラブルが起きても

それを乗り越えるための方法を考えるようにもなります。

 

例え失敗しても、どうしたら上手くいくか考えるようにもなります。

 

「やりたいこと」には困難はつきもの。でもだからこそそこに自分の成長がある。

 

 

そういった新しい思い込みが出来上がっていくことで

ホントの自分を発見できるようになるんですね。

 

 

今日、この記事を読んで

あなたはどんな自分の思い込みに気が付きましたか?

 

「やりたいこと」ってこうじゃなきゃダメ!

という思い込みに気づけた分だけ

ホントの自分に近づいていくことができます。

 

つまり、ホントにやりたいことに近づいていけます。

 

是非意識して探してみてくださいね!!!