人間の「思い込み」というのは、現実を大きく左右してしまいます。

「私はこうだ」と思っていることは意識的にしろ、無意識的にしろ現実として表現されていきます。

運命はこの「思い込み」という思考の連続からできています。

 

 

逆に「思い込み」を変えることができれば、徐々に目の前の現実は望む方向へと変えていくことだってできます。

今回は実際に個人コーチングの現場でクライアントに効果のあった事例をもとに「思い込み」を変えて、日常にポジティブなスパイラルを生み出す方法をお伝えしていきます。

 

「思い込み」によって人生が変わってしまうワケ

 

例えば「私には大きな収入を得るほどのスキルや自信が今はまだない」

 

という考えを持っている人がいたとします。

この考えをこの人がどの程度深いレベルまで信じているかにもよりますが、強く信じていた場合、現実もちゃんとその思い込みに沿って造られていきます。

 

 

何故なら自分にはお金を得る価値がないと思っているのですから、行動レベルでもお金を得るような具体的なアクションは起こさないことになり、結果的に収入はずっと変わらないままになるからです。

 

この「思い込み」というのは厄介なもので、自分の育った環境や、周りで見聞きした体験や、刷り込まれてきた言葉の影響によって長年の間に強化されていきます。

 

昔から「お前は人見知りだから」と言われて育ってきた人は、大人になってもそのセルフイメージに沿った生き方をしっかりと実現しています。

 

そして大人になっても「私人見知りなんです・・・」とボソッと言います。

また、思い込みで厄介なのは、そういう自分でいることに「ある種の価値を見出している」場合もあることです。

 

 

「人見知りです」と宣言しておけば、周りから優しくしてもらえるとか、周りから話を盛り上げてもらえるという経験をしていると、「自分は人見知りで居た方が楽だ」という思い込みが更に強化され続けます。

 

 

人見知り程度ならいいのですが、ネガティブ思考だったり、鬱っぽい癖があったり、執着心だったり、怠け者癖などのような「思い込み」がある場合、人生を生き辛くさせてしまう原因にもなります。

 

 

価値のある思い込みに変化させることが大切

 

先ほど例に挙げた「ネガティブな思い込み」が全て価値がないというわけではありませんが、そのセルフイメージを持ち続けるよりは、人生を望む方向に変えていける「価値ある思い込み」に変えていける方がいいですよね。

 

 

「思い込み」もポジティブなものであれば、有効に使えます。

例えば「私はお金を得ることなんて簡単だ」という信念だったり

「私はいつでも彼氏なんて自由につくれる」という信念だったり

 

 

こういった有益な思い込みに変えていくことができれば、人生も更に豊かになっていきます。

ではどうしたらそれを変えていくことができるのでしょうか?

 

 

現実は観測者の捉え方によって変化する

 

現実は観測者の捉え方(視点)によって変化するとはどんな意味なのでしょうか?

 

 

例えばここに

「×」という文字があります。

 

この×を見てあなたは、どう捉えたでしょうか?

 

・バツと捉えた

・かける と捉えた

 

両方正解であり、どちらを正解とするかは捉え方によって変わります。

 

例えば 4×3 というように文字が表示されていたら「かける」になります

しかし、〇×△ というように表示されていたら 「バツ」ということになります。

 

 

言い方を変えると

「現実」というのはそれをどこで、どのように認識したかによって変化する。

大事なことは視点を上手に変えられるかどうか?ということ。

 

 

視点が変われば物事の捉え方が180度変わり、思考が変わります。すると感情も変わります。

悲しかったことが、そうでもなくなったり、めんどくさい・・と思って取り組んでいたことが、楽しいと思えたりするようになります。

 

人は心の前提によって運命を変えてしまっている

 

そもそも視点が固定されている状態というのは、「コレが正しい」と思いこんでいる状態です。

簡単に言うなら頑固者のおじいちゃんの意識と似たようなんものだと思ってください。

 

人の信念にはいろいろなものがあります。

・男は強くなくちゃいけない

・女は料理がてきなくちゃいけない

・安定した仕事でなければいけない

・お金を稼ぐのは大変なことだ

・人間関係は難しいものだ

・人生は辛いことばかりだ

 

などなどいろいろな思い込みが存在します。

これらの思い込みがあると、日常の些細な行動にもその思い込みを反映した行動に繋がってしまうようになります。

 

例えば「仕事は楽しくない」というマインドを持っていた場合、実際に仕事に行く電車の中でも「嫌だなー」と思いながら通勤することになりますし、仕事中も「めんどくせーなー」と思いながら仕事をすることになるので、結果的につまらない仕事という現実を強化していくことになります。

 

なので、今、自分の現実や生活が望み通りいっていない場合、それは自分の思い込みの視点を変えていく必要があるのです。

 

思い込みがズレているから、現実もズレていってしまうというわけですね。

 

 

マインドセットと変えると世界は変化する

 

ではどうすれば、「思い込み」を価値のあるものに変えていけるのか、簡単に日常でできる方法をご紹介します。

 

 

毎日できるマインドセットの習慣

 

日々生活しているなかで、自分の行動の裏側にある感情や、思考に目を向けてみましょう。

どんな気持ちでそれをやっていますか?

例えば朝の通勤で会社に向かっているとき、どんな気持ちで向かっているか観察してみてください。

 

 

人によっては少し早歩きだったり、信号を走ってわたったりしているかもしれませんね。

ではその時の感情を観察してみましょう。何故急ぐ必要があるのか?

何のために今信号を走って渡るのか?

その背景には、きっと「焦る気持ち」だったり「遅刻してはいけない」という思いが隠れているでしょう。

 

その他にも、仕事中にパソコンでデスクワークをする際、何かに追われるような感覚でいつも仕事をしていないでしょうか?

上司に怒られないように・・とか 結果を早くださなくては・・・など

その背景にはきっと「自分は認められる必要がある」とか「ダメな社員だと思われたくない」という気持ちでやっているかもしれません。

 

こういった信念は、短期的には成果を納めるかもしれません。

しかし、それはその場しのぎの対処に過ぎず、結果的にストレスや不満を蓄積するもとになってしまいます。

 

まず、自分の行動の裏側にある思い込みに気づくことができたら、次はあえて価値のある「マインドセット」を設定して行動をしてみましょう。

 

先ほどのデスクワークで言えば、「このパソコンへの入力作業をすることで、自分にどんないい影響があるのか?」を考えてそれをセットした上で集中してデスクワークをやってみる。

 

今までは無意識に「さっさと終わらせなきゃ」という焦りやイラ立ちの前提で仕事をしていたところを

 

今度からは価値のあるマインドセットを設定して「この仕事をしっかり考えながら丁寧に作業することで、自分の思考能力が増して、質も向上する」という前提で行動を起こすだけでも、結果は大きく変わっていきます。

 

こういった地味な行動+マインドセットの書き換えの繰り返しが、結果的には大きな変化を生みだし、人生の運命さえも変えていくきっかけとなってしまします。

 

まとめ

「思い込み」によって人生は大きく変わってしまう。

価値のある思い込みと、価値のない思い込みを人間は持っている

価値のある思い込みに変えていくことで、人間関係や恋愛、収入も変わっていく

価値のある思い込みに変えていくコツは、一つ一つの行動に対してマインドセットを設定すること。

そのためには、まず自分が普段どんな思い込みで生活をしているのか、気づいていくことが大切である。

 

自己観察は非常に大切なので、以下を参考にして進めて欲しい

今すぐネガティブ思考を改善するプロ直伝の4つのステップ

 

また、以下のメルマガも参考になります。↓