一人が好きで結婚できないのはダメ?結婚するために必要な心構え5選

こんにちは!恋愛セルフイメージ・コーチの齋木です。

今回は、「1人で過ごすのは好きだけど、いつか結婚はしてみたい!

でも結婚をすると、時間が奪われるかもしれない、、」というお悩みや

他人に合わせて生活するのが難しいと思っている方、

また、世間体などではなく自分のタイミングで結婚したくなったらしたいと望んでいる方

このような場合、いざ結婚するにあたってどんな心構えを持っていればスムーズに結婚までたどり着けるのか?を解説していきます。

一人が好きで結婚できない人の心理的要因

結婚することに対して、不安感がある人は以下のような心理的な要因が考えられます。

1、自分だけの時間を邪魔されたくない

2、他の人には知られるのが恥ずかしい趣味がある

3、他人に合わせて生活するのが苦手

4、自分の好きなタイミングで生活したい

5、仕事が忙しすぎて誰かと過ごす余裕がない

これらの要因は、自分の思込みに過ぎないこともあります。

また世間的な情報によって信じ込んでしまっていることもあるかもしれません。

結婚に対する意欲がなかなかもてない原因

 

そもそも結婚に憧れや幸せなイメージがあまりないという人もいます。

また、結婚をすると自分で自由にお金が使えなくなるのでは?という不安や

1人でいる方が自由だし、他人のペースに合わせなくて済むから

わざわざ面倒くさい婚活や、出会いを求めてまで行動を起こす気になれない。

という心理的な背景もあります。

 

結婚しない選択の利点とデメリット

結婚しない選択にはメリットがあります。

例えば、自己実現や時間的・経済的な自由、個人の目標やライフスタイルの追求などが挙げられます。

一方で、結婚しないことによるデメリットとしては、

互いに支え合えるパートナーがいないことへの不安感や、他人や親類から

結婚について質問されたり、結婚していないことをネガティブに取られてしまう場合もあります。

 

結婚に対する周囲の意見は気にしないことが大事

1人が好きで、独身でいることを自ら選ぶ人もいれば、

結婚したいのにできないという人もます。

いずれの場合も、自己認識を否定的に捉えるのではなく、

独身でいようと、結婚していようと、どちらがダメということはないのだという認識を持つことが大切です。

周りが何といおうと、結婚しているから人として価値があるとか、

結婚していないと人として魅力に欠けるということはありません。

もしそういった認識があるなら、今すぐそういった考えは手放す方がもっと自分らしく生きることができます。

 

結婚に対する認識を変えることで意欲が沸く

結婚がしたいのになかなかできなかったり、1人でいる方が楽だから、、といった理由で

結婚への意欲が無くなってしまう人は、結婚に対する認識を変えることが大事です。

例えば、結婚することで本当に自分の時間がなくなるのだろうか?といった疑問を持つことも大切ですし、

当にお金を自由に使えなくなるのか?というように、今までの認識を疑ってみて、

結婚しても今までと変わらず好きなことは続けられるかもしれない

という考えが持てるようになれば、結婚に対するブレーキをかけることはなくなります。

また、人によっては両親が離婚していたり、夫婦仲があまり良くなかったために、

子供ながらに結婚ってつまらないモノなのかもしれない。といった信じ込みを持っていたり

父親のように小遣い制にされるのは嫌だなと、勝手に認識している場合もあります。

この場合も必ずしも自分の結婚生活が両親のようになるとは限りませんし、

そうならないためにも、パートナーを選ぶ際にもっと自分の自由や

相手の自由を尊重できる人を選ぶように心がけるだけで、幸せな結婚生活が送れることもあります。

 

結婚しないことへの偏見と向き合う方法

1人で過ごすことが好きで、まだ結婚せずにいたいという場合は、

世間的な偏見を気にしないように心がけることも大切です。

友人や家族から偏見を持たれることがあっても、

自分の信念や考え方を持っておくことは、周りに影響されない生き方をしていく上でとても大切です。

 

結婚しない人々の幸福度と生活満足度に関する研究結果

結婚しない人々の幸福度は、結婚している人々と比べて低いという結果もありますが、

結婚によって幸福度が必ずしも向上するわけではありません。

個人の幸福度は、結婚の有無よりも、個人の性格や生活状況、

人間関係の質などによって大きく影響されることが示唆されています。

 

生活満足度の面での研究

結婚しない人々の生活満足度に関しても、結婚している人々と比べて低いという結果も一部で報告されています。

結婚は、家庭やパートナーシップにおいての支えや安定性を提供する一方で、

経済的負担や制約も伴うことがあります。

しかし、結婚しない人々は自由度や個人の目標に集中することができる利点もあり、生活満足度においても個人差が存在します。

これらの研究結果から明確な結論を導くことは難しいですが、

結婚の有無が幸福度や生活満足度に直接的な影響を与えるのではなく、

個人の選択やライフスタイル、人間関係の質がより重要な要素となることが示唆されています。

結婚は個人の価値観や生活目標に合致するかどうかを考え、自身の幸福を追求する上での一つの選択肢として検討されるべきです。

 

結婚するために必要な心構え5選

1、結婚は単なる紙の約束事ではなく、長く生活を共にし、お互いを大切に想う気持ちを持ち続けることが大切

2、夫婦どちらか一方が我慢し続けたり、自由を奪われるということが無いように、お互いが相手の趣味や時間を尊重できること

3、パートナーに求めるだけでなく、自分も何がしてあげられるか?を考えてあげることが大切

4、失敗や喧嘩をしてしまったとしても、関係を修復できるように、話し合いができるかどうか、また相手と向き合う姿勢があるかどうかが大切

5、コロナ禍のような危機や、家計がピンチになった時ほど、助け合える気持ちが大切

 

結論

独身でいることに良いも悪いもありません。大切なことは「自分がどうしたいか?」という点です。

結婚したいけど、なかなか良い出会いがない。という場合や、

1人でいることが好きで結婚はまだしたくないけど、世間的な批判が気になる場合など

それぞれの悩みによって解決方法はことなります。

まずは本当は自分はどうしたいのか?という点と向き合ってみて、

その上で、世間の目や意見を気にするよりは、自分の生きたい人生を選んで生きることに向かっていくことの方がとても大切です。

関連記事

  1. なぜか恋愛がうまくいかない人のセルフイメージがこれ

  2. 【すぐ効果】思い込み、性格を根底から変えるための基礎ワーク

  3. 頑張らずに恋愛と結婚を自在に手に入れるトランスフォームメソッ…

  4. 【即効】彼氏の作り方は超イージー!干物女から脱却する方法がス…

  5. 恋愛で同じ失敗を繰り返してない?〇〇思考で負の連鎖から抜け出…

  6. 恋愛で過剰に期待して後悔のパターンを繰り返さない方法