コロナのせいで結婚できない?コロナでも運命の人を引き寄せる女性の特徴とは?

 

こんにちは!*saikiです。

コロナが流行して以来

人との接触が少なくなり

なかなか出会いの場に出かけられない

という人も少なくないと思います。

実際に個人セッションでは「出会いがない」というご相談や

「コロナで出会いの機会が減った今どうしたらパートナーと出会えるのか」

といったご相談が多数寄せられています。

 

そして、そんなコロナ禍でも

実はあることを意識してもらうだけで

「彼氏ができました!」というご報告が絶えず寄せられてくるようになりました。

 

今回はどうしたらコロナ禍でも出会いを引き寄せることができるのか?

というテーマでお届けします。

 

コロナ禍で運命的出会いをする人の特徴

 

コロナのせいで活動が自粛され

外出も控えなければいけない中

どうしたら素敵なパートナーと出会えるようになのでしょうか?

 

普通に考えれば緊急事態宣言が出て

みんなが外出をしなくなって

イベントなども中止されてしまえば

おのずと出会いの機会も減ってしまうと思いがちですよね。

 

確かにそれはその通りなのですが

そんな中でも実は「彼氏ができてしまう」という人はたくさんいます。

それはどうしてなのかというと

 

実際には「出会いの場に出かけている人がいるから」なのです。

もちろん最低限の感染予防をしながらです。

 

こんな話をすると

「そんな自分勝手なまねはできない」

というお叱りの言葉を受けてしまいそうですが

 

とはいえ、みんなコロナ禍でも仕事には出かけていくわけですし

買い物にもでかけたりします。

それが不要不急のことだから仕方ないという意見もありますが

 

じゃぁ恋愛やパートナー探しは「不要不急」ではないのか?

と問われるとどうでしょうか。

このまま居酒屋にもいかず

外食もせず、人との出会いがなくなってしまえば

いつまで待っていても「出会いがない」状態になってしまいます。

 

そうやって年を取ってしまえば

それこそ緊急事態です。

そうなる前に自分の人生は自分で引き寄せて

つかみとっていくことが大切になります。

 

つまりパートナー探しも人によっては「不要不急」の内容になります。

これはもちろん「モラル」の問題もあります。

ですから、最低限の感染対策や

できるだけ密になる場所はさけて二人で会話できる環境を選ぶ必要あります。

逆にいくら感染対策をして自粛をしている人でも

感染する人はしてしまっているのが現実です。

 

どんな状況でも彼氏ができる人は

実はあることを意識しています。

それは何かというと・・

 

コロナ禍でも彼氏ができる人は何を意識しているのか

 

例えば、「出会いがない」というのは

自分の環境の1つの場面を切り取って「私は出会いがない」と言い訳しているにすぎません。

 

「仕事場が女性ばかりの職場なので出会いがないんです。。」

という人がいたとします。

 

でもそれは確かに「職場」にはないかもしれませんが

一歩外にでれば条件は変わります。

また、職場の同僚から紹介してもらうことだってできる可能性はあります。

それなのに「出会いがない」と自分で決めてしまっていては

本当に自分の現実には出会いがなくなってしまいます。

 

何故なら自分で可能性を狭めているので

行動も制限され行動を起こさなくなり、結果出会いもなくなるからです。

 

それはコロナ禍でも同じことが言えるのです。

・コロナだから出会いがない・・

・コロナだからこそ出会いはあるかもしれない

 

この二つの言葉には大きな違いがあります。

1つは可能性を狭めてしまう言葉

もう1つは可能性を広げる言葉です。

 

そして実際に彼氏ができる人は

後者の考え方を無意識に持っています。

 

つまり、

「コロナで人との繋がりを求めている時代だからこそ

みんな人恋しいし、恋愛できるパートナーを求めている。

結婚したいと思っている男女もきっと増えているに違いない。。

ということは出会いの場に出かけていけば

そういう出会いは必ずあるはずだ・・。」

という思考パターンを無意識に持っています。

 

出会いの場に出かけるといっても

婚活パーティーのような密になる場所にいきなり出かけるのではなく

マッチングアプリなど、ネットを通じて

一対一で出会える健全なサービスはいくらでもあります。

 

実際にマッチングアプリで出会い結婚したカップルはたくさんいます。

 

まとめると、

コロナでも出会いがある人というのは

どんな状況においても「可能性を広げる言葉」を

頭の中で使うようにしているというわけです。

 

コロナ禍で出会いがない人の特徴

 

逆に言うと

出会いがない人はどんな状況下でも

「私は出会いがない」と言い訳してしまう可能性があります。

 

例え学校のように独身の男女がたくさんいる環境に身を置いていても

何らかの理由を見つけて「私には出会いがない」

という言葉を頭の中で使ってしまっている可能性があるというわけですね。

 

もちろん、そういった人の気持ちもとてもよくわかります。

あまり恋愛でイイ思い出がなかったり

大切にされてきた経験が少ないと、

「自分なんて・・」と思ってしまうのは当然です。

 

そういった場合は

まずは自分がなぜ行動に移せないのか?

という問題に向き合ってみて

「どうせ出会いなんてない・・」と決めてしまった理由はどこにあるのか?

という根本的な原因と向き合っていく中で

自分の心のブロックに気づくことができ、それを外していくことができるようになります。

 

まとめると

出会いがある人と無い人の違いは

根本的な「脳内の言葉の使い方」にあります。

1つは可能性を自ら狭めてしまう言葉(思考)を持っており

もう1つは可能性を自ら広げる言葉(思考)を使っているということです。

 

なので、周りの環境がどうであれ

コロナ禍であろうとなかろうと

状況を逆手にとってうまくいく人は必ずうまくいきます。

 

実際に僕の元に寄せられた嬉しいご報告の中には

「30年間彼氏ができなかったのにアドバイス通りに考え方を変えていったら先日マッチングアプリで出会った彼と無事にお付き合いすることができ今とても大切にされ幸せです」

といったご感想も頂いています。

考え方一つで人生は変えられるということですね。

 

関連記事

  1. こんな方法あったの?恋愛で不安になる癖”を解消するコツ

  2. 一見理想の恋愛を引き寄せても不幸になる人、ならない人

  3. 結婚できるか不安!悩みのループから抜け出すたった一つの方法

  4. 恋愛に疲れた、本当はめんどくさいと感じた時の気持ちの解決策

  5. どうしたら幸せな恋愛ができるようになるのか?

  6. 恋愛依存を今すぐ克服!男と対等に恋愛する5つのステップ