【不倫】既婚者の男性は本当に妻と別れるつもりがあるのか?男性心理とは

こんにちは!*saikiです。

個人セッションでは【不倫】についてのご相談は意外と多く寄せられます。

その多くは

  • 既婚者の彼はどんなつもりで私と恋愛関係にあるのか?
  • 彼の現在の心境、男性心理が知りたい
  • 奥さんと別れるつもりがあるのか?
  • 早くこの苦しい恋愛を終わらせて苦しみから抜け出したい

こういったご相談が多く寄せられます。

中でも、タロット占いをさんざん回ってきて

明解な答えや踏ん切りがつかずに

最終的に僕のコーチング・カウンセリングに来られるかたも少なくありません。

 

今日は既婚者の男性はどんな心理で他の女性と付き合ってしまうのか?

そして、最終的に今の奥さんと別れるつもりはあるのか?

という既婚者の男性心理について詳しくお伝えしていきますね!!

 

既婚者の男性はどんなつもりで不倫をしているのか?

 

世の中では芸能人が不倫をすると真っ先に叩かれるのに

恋愛のご相談では不倫問題は非常に多く寄せられます。

ということは実は不倫しています。という男女は意外と多いということでもあります。

 

先に僕のスタンスをお伝えしておくと不倫については否定も肯定もしません。

不倫と一言でいってもそれぞれに、いろいろな事情があるからです。

それはさておき

不倫をする男性心理とはいったいどんなものなのでしょうか?

詳しくはこちらの記事に書いておりますが

男だからわかる既婚者なのに他の女性が好きになる男性心理とは

簡単に言うと

  • 最初は軽い気持ちから始まった
  • 妻とうまくいっていない
  • 人生が満たされていない・つまらない
  • 遊びなら問題ないと思っている

こういった心理が一般的には考えられます。

そしても最も大きい理由は

「最初はそんなつもりなかったのに・・」という心理です。

 

これはドラッグにハマってしまう心理と似ていますが

自分は不倫なんてするつもりはない。単なる飲み友達だ・・

ぐらいに最初は思っていても

男性も女性も徐々に会う機会が多くなればなるほど

相手にハマってしまう心理メカニズムがあります。

これを単純接触効果と呼びます。

 

なので男性側としても女性側としても

最初は本気になるなんて考えられなかったのに

いつの間にか関係を持ってしまい

刺激を求める関係を手放せなくなってしまう。。

というメカニズムがあるというわけですね。

 

では不倫をしている男性は自分の妻と別れるつもりはどの程度あるのでしょうか?

不倫男性の心理について次に解説していきます。

 

不倫相手の男性は奥さんと別れるつもりはどのくらいあるのか?

 

これは結論から言うと

「人によって違う」という答えになってしまいますが、

僕が今までカウンセリングしてきて

経験上分かっているデータは

9割以上の男性は「ほぼ奥さんと別れられない」

という現実があります。

 

もちろん世の中には、略奪愛とか

不倫関係から成就した結婚という例もたくさんあります。

なので一概には言えませんが

「ほぼ奥さんと別れられない」というのも現実です。

 

なぜ、「別れるつもりはない」ではなく

「ほぼ奥さんと別れられない」という表現なのかというと

 

別れたいと思っていても

最終的には奥さんや子供との家族愛が勝ってしまって

「別れるという選択ができない」という男性も多いのだろうと感じます。

 

あとは、会社での世間体や

周りからどう見られるか?という「周りの目」の問題もあるのだと思います。

 

では苦しい恋愛関係から抜け出すにはどんなことをすれば良いのでしょうか?

 

苦しい不倫関係から脱出する方法とは?

 

本当に自分が「もうこんな苦しい恋愛は嫌だ!抜け出したい!」と思うなら

抜け出すための心構えはいくつかあります。

それは

  1. 絶対に手放すと腹をくくる
  2. 淡い期待を想像することをやめる
  3. 彼の言動に絶対に流されないように決める
  4. 彼との物理的距離を置くようにする
  5. 連絡を取らないように決める

 

最も大事なことは1と2です。

不倫をやめられないで続けてしまう人の共通点は

彼に対して「淡い期待」をずっと持ち続けてしまうことです。

 

例えば占い師から「彼はあなたのことがまだ好きですよ」と言われたら

現実はそうなっていないのに、ずっと彼に期待を持ち続けてしまいます。

 

決して占いが悪いとか、人を好きでいることが悪いというわけではありません。

しかし、手放したい、抜け出したいと言っている人ほど

どこか気持ちの中で「諦めたくない気持ち」を残したままにしてしまいます。

 

なのでそういう時は

決して「あきらめ」ではなく

「戦略的、明らめ(あきらめ)」という意識を持つようにしましょう。

 

よく「諦める」とは「明らめる」という意味もあると言います。

それは物事を明確に明らかにする。という意味があるわけです。

 

つまり現実を直視して

彼が何年も愛人関係を続けて離婚しないのであれば

その現実を明らかに見て、自分で腹をくくって前に進む必要があるのです。

 

淡い期待を持ち続けてしまう理由は

「現実を直視していない」とも言えます。

 

不倫や恋愛で自分の人生を満たすのではなく

自分の趣味や、やりたいことを一つでも見つけて

人生を自分で盛り上げて楽しんでいくことで

前に進んでいくことができるようになっていけます。

 

こういう話をすると

「そんなことができたらこんなに苦しんでいない」という

怒りのコメントをもらいそうですが

 

自分が「できない」と決めている限りは

それが今の自分の現実を作ってしまっていることに気づいてください。

 

「私はもう手放すと決めた」と腹をくくることで

他人が何と言うと前に進む力が出てくるようになります。

まずは自分自身が現実を直視し「決断」することで

必ず目の前の現実はドンドン変化していきます。

 

関連記事

  1. 思わせぶりな態度を見せてくるが付き合おうと言ってこない男の心…

  2. ボディタッチは脈ありとは限らない男性心理で見抜く本気度

  3. 男の好意が気持ち悪い!が克服できるちょっと変わった方法

  4. 【矛盾】女は自立した方がいいのか甘え上手な方がいいのか?

  5. 男だからわかる既婚者なのに他の女性が好きになる男性心理とは

  6. しぐさで男性心理の本音がわかる!心を見抜く3つのポイント