男に尽くさせてあげるほど女性は幸せになれる

好きになった男性のために

女性がいろいろと尽くしてあげる時代は終わりました。

昔は亭主関白なんて言葉が流行りましたが

現代でそんなコミュニケーションをとっていたら

女性は自分の本当の喜びや幸せに気づけぬまま

人生が終わっていってしまいます。

 

実は男性に尽くさせてあげるほうが

女性も男性も幸せになれるというのが

パートナーシップのコツです。

 

「あげまん」と呼ばれる女性たちも

実は女性が男性に一方的に尽くしているのではなく

男性から愛情をたっぷり引き出させてあげることで

男性が仕事も家庭も大事にするようになるんです。

 

ではなぜ男に尽くさせてあげるほうが幸せになれるのでしょうか?

 

男の本質は女性を喜ばせたい生き物

 

男は何かを成し遂げることを一つの喜びとしています。

それは男女の関係にも言えることで

男は女性を手に入れることで喜びを感じています。

また、自分が手に入れた女性を喜ばせてあげることで

さらに自分の自信へとつなげている生き物です。

 

なので女性が一方的に男性に尽くしすぎてしまうと

男性は「喜ばせてあげる喜び」を失うことになってしまいます。

男性も同様に女性を喜ばせてあげたいと思っていて

しかも、喜んでくれる笑顔のために

「また何かしてあげたい」と思う生き物でもあります。

 

女性の笑顔や「嬉しい!」といった感情を見たくて

仕事を頑張ったり、趣味を頑張っていたりします。

 

極端に言うと

いつも女性からチヤホヤされていたい

いつまでもモテていたいと思うのが男性の本質でもあります。

女性から賞賛されることが男性のエネルギー源でもあるのです。

 

なので、男性から何か小さなことでもやってもらって

「嬉しい!ありがとう!」を上手に伝えられる女性は

勝手に男性からモテるようになってしまいます。

 

女性が喜びを表現するほど男は尽くしたくなる

 

なので、女性が日頃から嬉しそうに過ごしていればいるほど

男性も気分が良くなって

その女性のために何かしてあげたいと思うようになります。

 

逆に、

「なんでいつも連絡くれないの?」とか

「なんで〇〇してくれないの?」など

不満ばかりを伝えてしまうと

男性は「俺といても彼女は喜びを感じていなんだ」と

思うようになり、距離をおくようになっていきます。

 

もちろん、女性が自分の本音や不満を言ってはいけないということではありません。

 

不満を伝えることがあっても

それ以上に日頃から

「嬉しい、楽しい」を表現できていると

彼も一緒にいて「嬉しい、楽しい」という気分に引っ張られていきます。

 

そしていつも喜んでくれる女性を男性はまた喜ばせたいと思います。

尽くしてあげたくなるというわけです。

 

女性がいつも男性に合わせてばかりで

自分の楽しみや喜びを見失ってしまうと

男性にそれを求めるようになってしまいます。

そうすると不満や不安ばかりに目がいってしまいます。

 

そうではなく、女性が男性と一緒にいるときでも

一緒にいないときでも

自家発電的に素直に自分を喜ばせてあげることができれば

楽しそうな女性を見て、男性も満足し、もっと尽くしたいと思うようになります。

 

そのためには

男性から何かしてもらったときに素直に喜びを表現することも大事ですが

それと合わせて

自分自身で自分を喜ばせてあげたり

好きな事ややりたいことを見つけて人生を楽しむこともとても大切なことです。

 

以上のことを意識してコミュニケーションをとっていけば

男性から自然にモテるようになり、大切にされるようになっていきます。

 

この辺の詳しい内容は以下の無料メルマガでも扱っています。

関連記事

  1. 結婚できるか不安!悩みのループから抜け出すたった一つの方法

  2. 【即効】彼氏の作り方は超イージー!干物女から脱却する方法がス…

  3. 【発見】いつも恋愛が長続きする人はこんな「思い込み」を持って…

  4. 簡単に幸せな結婚を手に入れる人の共通点とは?

  5. なぜ自己肯定感を高めようとすると恋愛はうまくいかなくなるのか…

  6. 理想の男性となかなか出会えない!妥協すべきか探し続けるべきか…