「過去の失恋をフラッシュバックのように思い出して辛い」

「ふとした瞬間に嫌な記憶が読みがることがある」

 

失恋の嫌な記憶に振り回されて、ストレスを感じたり

苦しくなることはありませんか?

 

 

仕事が思うように手につかなくなったり

 

前に進み出したいのに

過去の記憶が邪魔をしてしまうことがありますよね。

 

 

今回は実際にカウンセリングや

コーチングなどの現場でも効果的に使われている

 

「嫌な記憶の解消方法」をご紹介します。

 

 

そもそも失恋の記憶は消すことはできないが・・

 

 

そもそも人間の脳の構造上

記憶を「消す」ということは殆どの場合不可能です。

 

 

事故で記憶喪失になってしまったり

脳に障害をおってしまわない限り

 

辛い記憶だからといって

一瞬で消すことはできません。

 

 

「忘れない」という機能は

自らの身を守るために必要な機能でもあるからです。

 

 

しかし、「消す」ことはできなくても

辛い記憶の「印象を書き換える」ことはできます。

 

 

印象を書き換えるというのは

簡単に言うと

 

「辛いだけの記憶」として保存されていたものを

 

「もうどうでもいい」

「気にならない」

「良い経験だった」

「学びになった」

 

といったように

気にならない印象に変わったり

 

ポジティブな印象として書き換えることが

できるようになるという意味です。

 

 

記憶が実は真実ではないこともある

 

 

あなたは「記憶はウソをつく」

という本をご存知でしょうか?

 

この本の中では、

人の記憶は実は曖昧であり

 

信じていた記憶も

本当はねじ曲がって保存されていることがある。

 

 

という研究結果が書かれています。

 

 

実際に記憶がいつの間にか真実とは異なる

他の似たような記憶とすり替わっていた

 

なんていう経験は多くの人が体験していると思います。

 

 

こういった脳の機能を利用して

失恋などの辛い記憶も上手にすり替えていくことができます。

 

 

では具体的な方法を一緒に見ていきましょう!

 

 

失恋の辛い記憶の対処方法

 

まず最初にお伝えしたとおり

記憶は消すことができません。

 

 

ですから、

ふとした瞬間に記憶が出てくることは

今後も普通にあるでしょう。

 

 

しかし辛い記憶が出来てきた時の

応急処置として以下の方法をまず試してみてください。

 

 

対処方法1(応急処置)

記憶が出てきた瞬間にその出来事をジャッジしない

 

 

よく無意識にやってしまいがちな行為は

 

辛い記憶がフラッシュバックした時に

「あぁ、嫌だ嫌だ~!」と

 

心の中でその記憶に対して即ジャッジしてしまう行為。

 

 

これを繰り替えしてしまうと

過去の記憶=嫌な記憶

 

 

という印象がアンカーのように

紐づけられ強化されていきます。

 

 

ですから嫌な記憶がフラッシュバックしたときは

 

 

無意識に嫌なジャッジを下さず

ただその出てきた記憶のイメージを眺めるようにしましょう。

 

 

感情を交えずただ眺めることで

その記憶に対する意味がリンクされず

 

そのうちにイメージから自然にすーっと消えていきます。

 

 

 

これが辛い記憶が出てきた時の応急処置方法です。

 

 

では根本から記憶の印象を書き換えるには

どうすればよいのでしょうか?

 

 

 

対処方法2(根本から変える)

記憶の印象を変える

 

まず辛い記憶を思い出してしまったら

 

  1. その映像を白黒にします
  2. 映像のピントをぼかします
  3. 映像をどんどん小さくして遠くに飛ばします
  4. そしてそのまま頭の中でPPAPのような笑える曲やダパンプのUSAのようなノリノリの曲をかけます

 

これを繰り返すことで、

辛い印象の記憶が緩和され

 

笑える印象になったり

いい意味で「どうでもいいや~」と

思えるように変化していきます。

 

※繰り返し行うことが重要です。

 

 

そして、プラスアルファで

かなり強力な3つ目の対処方法もあるのですが

長くなるのでここでは割愛します。

 

 

では、何故これらの対応方法が

辛い記憶に有効なのでしょうか?

 

 

潜在意識は現実とイメージの区別が付きません

 

レモンをイメージすると唾液が出るように

 

イメージによってあたかもそれが

現実の事のように捉えるのが潜在意識の機能です。

 

デートしていた頃の曲を聴くと

その記憶がよみがえるように

 

記憶を思い出すとき、多くの場合

五感をフルに使って思い出しています。

 

 

そして同じ記憶であっても

「映像の大きさ・距離・色の鮮明さ」

 

「音の印象・大きさ・テンポ」

などによって受け取る印象が全く変わってしまいます。

 

 

例えばホラー映画を見ているときに

怖い映像と共に、怖い音が付けられています。

 

しかし、その音を「まぬけな音」に変えると

どうなるでしょうか。

 

怖さが一気になくなり、笑える印象に変わります。

 

こうして、記憶は五感のイメージによって

その印象が保存されています。

 

 

ですから今回行ったワークは

五感のイメージを極端に変えて

 

辛い印象を笑える印象に変えた。

というわけです。

 

これは失恋した辛い記憶に限らず、

その他のあらゆることに応用できるので

 

どんどん活用して自分のものにしていってくださいね。