【本質】恋愛の片思いが成就する3つの心理ステップ【保存版】

こんにちは!

恋愛セルフイメージコーチの齋木です

さて、今回はずっと使える保存版として

片思いを成就させる自分づくりをテーマに

超大切なポイントを書いていきたいと思います!

 

恋愛の片思いが成就する3つの心理ステップ

 

今回はまず、恋愛の片思いを成就させるための基本ステップ3つをご紹介します。

 

恋愛のコーチングを数多くさせていただく中で、うまくいく人は以下の3つのポイントをおさえていることがわかってきています。

 

片思いを成就させるためには、一見「逆説的」とも思えることを心得て実践していくことで、更にスムーズに叶えていける自分を作っていくことができるようになります。

 

 

  1. 恋愛は逆説的、一人に強い執着をもたない
  2. 獲物は追うな
  3. 焦点を他に当てろ

 

片思いを叶え、幸せな恋愛を続けていくには以上の3つのポイントがとても大切です。

一つ一つ順を追ってみていきましょう!

 

 

1、恋愛は逆説的、一人に強い執着をもたない

 

特にこのテーマは女性に効果的な考え方になります。

一人の人をずっと好きでいることはとても純粋で素敵なことのように思えますが、恋愛においてはそれは逆に作用してしまうこともあります。

 

あなたのことを好きだという態度を見せてくれない男性に対して、ずっと思いを寄せ続けて時間を浪費してしまうより

 

どんどん次の出会いや、あたなを大事にしてくれる男性を探す方が幸せな恋愛や結婚に繋がります。

 

特に男性に多いパターンとして

付き合う気持ちが薄かったり、結婚する意思が本当はないのに、女性を引っ張り続けるような態度をとることがあります。(もちろん人によります)

 

男性はとくに男としての優越感や、頼られる心地良さをずっと保っていたいと思う傾向があるため、二股をへいきでかけたり、愛人をつくって自分を誇示しようとする傾向があることも事実です。

 

そんな特性を理解した上で、本当にあなたが好きな男性はこの先自分を大切にしてくれそうか、あなただけを彼女として、妻として愛してくれそうか、見極めていくことはとても大切です。

 

そういった意味では、1年以上何も男性からあなたの望むアクションがないなら、その人だけに執着し続けることは手放すときが来ているかもしれません。

 

執着しているときというのは、相手側が常に優位に立っています。

恋愛は駆け引きだけでどうにかなるものでもありませんが、常に相手側が優位な立場だと、いつも自分が相手に合わせたり、時間をつかわなくてはならなくなります。

 

むしろ、手放して、お互いフラットな状態になった段階から流れが変わることもけっこうあるのです。

 

もし、好きな人への執着を手放せない場合は、相手のことを好きなままでいいので、追いかけることだけはやめてみてください。

 

好きな人のために使っていた時間、お金、行動力をいったん他の男性へと目を向けるエネルギーに変えてみましょう。

 

一度、自分の好きのレベルをフラットにしてみて、他の男性にも目を向けることだけでもやってみるのです。

最初は好きな彼のために他に目を向けるというモチベーションでもかまいません。

 

その段階から何か変化が起こり始めることもあります。

 

 

2、獲物は追うな

そして二番目に大事なポイントは、「獲物は追うな」です。

先ほどもお伝えしたように、特に恋愛の序盤は「優位性」が大事です。

 

相手に執着して獲物を追いかけていると、その他のチャンスを逃してしまうこともあります。

 

「追いかける恋愛」がいつもダメだとはいいません。

しかし、基本は追いかけるよりも、追わせる女性になることが大事です。

 

いつも自分が追いかけてしまったり、彼氏がいないと淋しくて仕方がないという心理状態のままだと、追わせるような恋愛はなかなかできなくなります。

 

よく、「彼氏ができたら私は幸せです」とか

「結婚できたら私の人生は幸せです」という話しを聞きますが

 

それは裏を返せば「一人の自分は幸せではないし、価値がない」と宣言しているようなものなのです。

 

結婚=幸せ という図式はごく当たり前のように思われていますが

 

それは間違いです。

 

結婚してからの生活が幸せになれるかどうかを決めるのですから、

 

必ずしも結婚したからといって幸せが約束されるというわけではありません。

そのためにも、いつも恋愛や結婚を追い求めてばかりの人生から脱却していかなければいけません。

 

結婚すれば幸せが約束されていると思うのは、誰かに自分は幸せにしてもらえるという思い込みにすぎません。

そうなった場合、男性からすれば、「いやいや、自分の人生は自分で幸せにするものだよ」という心境になってしまいます。

 

「そもそも自分の人生は一人でも楽しいし幸せだ」という心理状態を早く作っていくほうが、本当は恋愛も結婚もうまくいくようになります。

 

そういった意味でも、追いかけるより、追わせることができる自分の自信をつくっていくことが最優先事項になるのです。

 

 

3、焦点を他に当てろ

 

そして3つ目に大事なポイントは「焦点を他に当てろ」です。

これは最初にお伝えした「執着を手放せ」というテーマに近い意味がありますが微妙に違います。

 

 

先ほども言ったように「片思いを成就」させるには、その目的だけに焦点を当ててはうまくいかないのですね。

それは相手にとっても重荷になりますし、かえって苦しくなってしまいます。

 

相手を好きな気持ちはそのまま持っていていいので、そのエネルギーを他の楽しいことや、趣味や目標をもって生きる方が、女性としての輝きも増していきます。

 

つまり、恋愛体質のように「恋愛せずにはいられない」といった自分から抜け出して

 

恋愛していない自分も楽しめている女性になることを目指していくほうが、人としての深みや魅力も増していきます。

 

今までは「片思いの相手」にばかり焦点を当てていた生活を少しだけスイッチして

 

自分のやりたいことや、趣味を見つける方向にもフォーカスしていくようにすると、かえって男性から求められる女性になれます。

 

男性はともすると「寄りかかられる恋愛」を嫌います。

恋愛以外に何か趣味や教養を磨いている女性や、仕事やビジネスを楽しんで頑張っている女性に惹かれるのはなぜかというと、「一緒に成長し豊かな生活がおくれそう」というイメージがわくからです。

 

とはいえ、いきなり自分のやりたいことや夢中になれる趣味を見つけましょうと言っても難しいという気持ちもわかります。

まずは、「自分は何がやりたいか」ということを考え始めることからスタートしてみましょう。

 

あなたの恋愛の片思いの悩みはどんなもの?

 

片思いのカタチは人それぞれ

ですが、特に30代、40代の女性の場合

10代の時とは違った想いや、つらさもあり

それに合った解決方法が必要になってくるでしょう。

 

例えばあなたは今、どんな片思いの悩みを持っていますか?

 

  1. 相手が自分のことが好きかどうか知りたい
  2. はやく結婚して子供を産みたいけど、片思いの彼を忘れられない
  3. 彼が本気で結婚を考えているか知りたい
  4. 体だけの関係を求めているのか知りたい
  5. 好きな人のことが頭から離れないのがつらい
  6. 職場の彼と不倫をしていて、今後どうしたらいいのか不安

 

大人には大人の恋愛事情やお悩みがあります。

 

例えば両想いになったとしても

相手はすでに結婚していたり、彼女がいる状況だった場合

 

事態がなかなか進展せず、苦しい恋愛を強いられることもあるかもしれません。

 

また、女性の場合は特に「子供を産みたい」という焦りを感じている方もいることでしょう。

 

そんな年齢にさしかかった際に片思いのまま、彼を好きでいていいのか?とか

どうしたら彼が私と結婚してくれるようになるのか・・・

といった深い悩みの中にいる場合もあるかもしれません。

 

そんなときに、男性心理を理解している方が、もっと前に進めることもあります。

 

また、自分は好き好んでこの状況を引き寄せたつもりはなくても、

 

いつも同じような片思いの恋愛を続けてしまうという心理的な背景を自分で理解していくことがとても重要です。

 

とはいえ、本来「恋愛」は難しいものではありません。

ですが、難しい人にとっては、「どうしてみんなそんなに簡単に結婚できるの?」を思いたくなるくらい難しいものになってしまっているのです。

 

僕がお伝えする「幸せな恋愛」や「片思いを成就」させる方法はたった3つのポイントに絞っています。

そこを抑えておくだけでも効果的です。

 

以下の内容をじっくりと読み進めていただき、一つずつあなたの現在の悩みのポイントに合わせて実践してみてください。

 

必ず気づきや答えのヒントが得られると思います。

 

恋愛で片思いの男性が自分のことをどう思っているかチェックしてみよう

片思いのとき、相手の男性が自分のことを本当に大切に思っていてくれているのかをチェックすることはとても重要な要素です。

 

怖くて確認することを避ける人もいますが、ココのポイントをチェックしておかないと、ズルズルと気持ちだけを引きずって、時間を無駄にしてしまうことにもなります。

 

では以下のポイントに絞って男性の心理をみていきましょう!

 

 

大切にしてくれている?それとも好きなだけ?

 

以前、個人セッションでご相談を頂いた方でこんな事例がありました。

 

「彼には彼女がいて、最近彼女とうまくいっていないと私に相談してきます。私のことを好きだと言ってくれているので体の関係をもってしまいました。けれども、なかなか彼女と別れてくれません。どうしたらいいのでしょうか?」

 

こういった男性の女性に対する曖昧な態度はとても相手を苦しめることになるので、好ましいものとは言えません。

 

でも何故、男性は口では好きだと言いながら、何もアクションを起こしてくれないのでしょうか?

 

先ほども言ったように、なかなか男性は自分のことを好きだと言ってくれる女性を手放せずにいることがあります。

 

なので、自分のことを好きだと思ってくれている以上は男性も甘い言葉でズルズルと関係を続けてしまいます。

 

女性として一番つらいのは、どっちつかずの態度や、ハッキリしない態度ですよね。

 

 

ですが、それは「好き」という気持ちと「大切に扱う」という気持ちを混同してしまっているから起きているのかもしれません。

 

 

「好き」と言われれば女性はその気になってしまうのは当然です。

しかし、ずーっとお付き合いして幸せな恋愛をしていくには、「好き」というレベルからもう一段上がって

 

「お互いを大切に思う」というレベルにいかなくてはいけません。

 

ですが、彼が私のことを「好き」と言ってくれているのに何も具体的にアクションを起こしてくれない場合は、ちゃんとお互いの関係をハッキリさせることが大切です。

 

つまり、言葉では優しいことを言ってくれたり、プレゼントをくれたとしても、数か月しても何も具体的にアクションがないのなら、それはしっかりと彼との関係を明確にする必要があります。

 

 

体だけを求めてくる男性とはさっさとオサラバしましょう

 

また大人の片思いに多い事例として「肉体関係だけ」という人もいます。

お互いがそれでいいのであれば問題ありませんが

 

男性に対していつか私の方を振り向いてくれるだろう・・という淡い期待をもって、続けてしまう女性もいます。

ですが、男性は都合よく関係を続けたい場合がほとんどです。

自分の好きな気持ちを利用していつまでも曖昧な態度をとる男性とはさっさとオサラバしましょう。

 

 

LINEの反応でわかる両想いのサイン

 

基本的にマメな返信をくれる男性は好意をもってくれていると判断してもいいでしょう。

またスケジュールも相手から準備して空けておいてくれる人も好意がある証拠です。

 

逆に既読スルーしたまま数日返事がなかったり、自分が連絡したいときだけ急に連絡をくれる男性はちょっと注意が必要です。

 

もちろん、誰に対しても返信が遅い男性はいます。

 

でも、これからその男性とお付き合いすることになった場合、自分がそれに耐えられるかどうか。考えてみましょう。

 

また、LINEでのやりとりで、自分からいつも誘うだけでなく、相手からもご飯を誘ってくれたり、お祝いをしてくれたり、気遣いを感じることができればそれは両想いのサインかもしれません。

 

逆に言葉だけいつも気持ちの良い事を言ってくれても、態度や行動でアクションを起こしてくれていない場合は、ちゃんと自分の気持ちと相手の気持ちを確認する時間を作りましょう。

 

その場その場の雰囲気でいつも流されてしまう女性もいますが、あなたにとって「時間」が最も大事なのは確かなので、関係性をハッキリさせて前に進むこともときには大切です。

 

 

片思いの恋愛が両想いになるための告白のタイミングはいつ?

片思いの恋愛がうまくいかない人に多いパターンが、告白のタイミングを間違ってしまうことです。

 

 

本当は相手との関係性がうまくいっていれば、告白しなくても相手から告白してくれたり、自然な流れでお付き合いすることになります。

 

 

ですが、彼が曖昧な態度を続けたり、結婚を焦ってしまうと、思い切ってフラれてもいいから告白してしまおうという人はけっこういます。

 

 

特に、クリスマスや年末、バレンタイン、誕生日、など

 

イベントが近づくと感情が高まってしまい、まだ相手との関係性が不明確なのに告白をして、自爆してしまう人もいます。

 

 

告白するのは最後の最後にとっておこう

 

先ほども言ったように、相手との関係性ができていれば、きっと女性のあなたから告白しなくても自然に男性から告白してくれたり、そのような態度をとってくれるはずです。

 

ですが、焦ると「自分から思い切って告白しよう」と思ってしまいます。

 

ですが、男性は自分のタイミングで告白するときを狙っています。

もしくは、ちゃんと誠意として、何かアクションを起こしてくれます。

それは肉体関係を求めてくるとかそういったアクションではなく、あなたを女性として将来のことをちゃんと考えているという表現で伝えてくれるはずです。

 

もし、半年、一年以上も彼がそういった明確なアクションを起こしてくれなければ、最後の最後に「けじめ」として、あなたの気持ちを告白してみてもいいかもしれません。

 

いずれにせよ、告白するタイミングは恋愛関係にあるお互いが空気感でなんとなくわかるものですし、告白する前の段階で結果が予想できるレベルになっていることがベストです。

 

 

片思いの恋愛がつらいときに【立ち直る】方法

 

失恋や片思いで辛いときの詳しい心理的対処方法はこちらの記事も参考になります。

失恋や片思いを思い出して辛い!記憶を書き換えて立ち直る方法

 

片思いや失恋ほどつらい経験はないかもしれません。

好きな人が他の人と付き合ってしまったり、

 

告白してフラれてしまったり・・

 

いつも相手のことを頭の中で考えて、仕事が手に着かない・・なんてこともありますよね。

 

そんなときの対処方法についてご紹介します。

 

 

自分を責めてもいい。心理的に自分を癒す方法

 

フラれてしまったり、自分がないがしろにされてしまう経験をすると

 

「なんて自分は惨めなのだろう・・」と思って、自分をついつい責めてしまいます。

 

でも自分を責めてはいけない・・と思って悪循環におちいってしまいがちですが

 

たとえ自分を責めてしまって、頭の中が彼のことでいっぱいになっていても、そういう自分をまず受け入れてあげてください。

 

彼のことが好きな気持ちは誰にもわかりません。あなただけのものです。

 

ですから、その純粋な気持ちを持っていたことをただ受け止めてあげましょう。

 

悲しくて仕方がないなら、その悲しい気持ちも思い切り表現しましょう。

人は涙を流すことで、意図的に心理的なストレスを軽減できるという実験結果もあります。

 

 

あえて何もしない自分でいる

 

心にぽっかり穴があいてしまったとき

何も手につかなくなることがあります。

 

そんなときに、無理をして穴を埋めようとしても余計に苦しくなることがあります。

 

そういった場合は、逆に穴を埋めようとせず、ただ何もせず一日を好きなように過ごしてみましょう。

真面目な人ほど、何かしなければいけないというルールに縛られてしまいがちですが

 

苦しいときは自分の心のサインに従って、1日か2日何もしない日をあえてつくってみると、自然に動き出したくなるときがきます。

友達に愚痴を聞いてもらう時間をつくってもいいし、ただひたすらDVDを観て過ごしてもいいのです。

 

 

自分の気持ちを素直にノートに書き出そう

 

少し気持ちを前向きに持っていきたいと思えるようになったら、次は自分の感情をどんどんノートに書き出すようにしましょう。

 

あなたが今この瞬間思っていること、考えていること、悩んでいることをどんどんノートに書き出してみてください。

 

文字にならない落書きのようなものでもかまいません。

とにかく外に自分の感情を視覚化することで、脳内でグルグル回っていた迷いが発散されていきます。

 

何かを解決しようとせず、ただ今の感情を書き出す。

これだけでもストレスは緩和され、今この瞬間に集中できるようになり、モチベーションも上がっていきます。

 

片思いの恋愛を成就させるには自己肯定感を高めよう

 

恋愛に自信がない人は

自分の自己肯定感を高めることも重要です。

 

自己肯定感を高めるとは具体的にいうと

 

  1. 自分の言いたい事を相手に伝えられる
  2. 自分のやりたいことをやっている
  3. 他人と比べず自分は自分と思える
  4. いろいろな人と楽しく会話ができる
  5. 一人でいても楽しめる
  6. 外側からも自信をつけよう

 

以上のような状態を自己肯定感が高い状態と言えます。

それでは一つずつみていきましょう!

 

1、自分の言いたいことを相手に伝えられる

恋愛下手な人ほど、好きな彼に何でも合わせてしまう傾向があります。

 

なぜなら、自分の意見をいうと怒られたり、嫌われてしまうのではないか?という恐れがあるからです。

自分の意見を言う事自体は単なるわがままとは違います。

あなたにはあなたの人生や時間が必要なのですから、いつも彼のペースに合わせるのではなく自分の意見を少しずつでも表現していくことが大切です。

 

2、自分のやりたいことをやっている

自己肯定感が高い状態とは、他人の軸で人生を捉えていない状態です。

つまり自分のやりたいことをしっかり持っていて、他人がどうアクションを起こしてこようと、自分の軸でブレずに人生を楽しんでいる状態を指します。

 

3、他人と比べず自分は自分と思える

自己肯定感が低いと、どうしても他人と自分を比べてへこんでしまいますよね。

他人のSNSをみて、比べてしまって落ち込むことはありませんか?

まずは比べる自分を少しずつ手放して、「自分は自分のペースでやっている」と思えるようにしていくことが大切です。

 

4、いろいろな人と楽しく会話できる

恋愛が上手な人は、そもそも人とのコミュニケーション能力が高いとが言えます。

見た目や、好みだけでジャッジせず、目の前の相手に心を開いて自分から話しかけていくことで、人との繋がりも増えていき、自分の自信にもなっていきます。

 

5、一人でいても楽しめる

先ほども書いた通り、恋愛に依存せず、一人の時間や趣味の時間を楽しめる人は、他人に左右されず、比べることがあまりありません。始めから「自分にはやりたいことがない」と決めつけず、見つけていくことから始めていきましょう。そうすることで自分軸がしっかりと備わっていきます。

 

6、外側からも自信をつけよう

これはどういうことかというと、人は外見を磨くことでも自分に自信がつくということです。

例えばもし体重80kgの人が60kgまでダイエットすることができたら見た目にも美しい自分を好きになりますし、やりとげた自分も好きになることができます。

ファッションやメイクなども同様です。今まで地味な洋服を選んできた人が、新しく自分に似合うファッションを試して、似合っていたらきっとそれだけで楽しくなりますし、人と会いたいと思うようになります。

心の部分から自信をつけることもできますが、外側から自分を変えていくことはもっとスピーディーで簡単です。

 

 

アラサー、アラフォーが片思いの恋愛に決着を付ける方法

30代、40代だから時間がない!

周りは結婚して子供もできて羨ましい!

 

そんなふうに思っているあなた、焦る必要はありません。

焦っても良い事は一ミリもありません。

 

それよりも、まず自己肯定感を高めていくことや、恋愛にだけ執着しすぎない自分づくりをやっていくことの方が遠回りのようでいて、近道です。

 

もし今、片思いをしているなら、しっかりと相手との距離感を確認しましょう。

 

今好きな人と将来を考えたときに、ずっと幸せな二人で居続けることができるような相手かどうか。

 

あなたのことを好き勝手に扱う男性ではありませんか?

お互いに言いたいことを言い合える関係でしょうか?

体だけの関係ではありませんか?

ちゃんとあなたの価値や存在を肯定して愛してくれる相手でしょうか?

 

ときより、憧れや、彼との経験の記憶が忘れられずに、ずっと片思いを手放せない人もいます。

 

あなたのことを大切に思ってくれる男性が他にいても、ずっと好きな彼よりも劣って見えてしまうこともあるかもしれません。

 

片思いを手放す勇気もときには大切です。

 

諦めるのではなく、明らめる(ものごとを明らかにする)

つまり自分と向き合ってみて、本当にその人を好きでい続けても幸せな恋愛がまっているかどうか。

 

片思いではなく、あなたを大切に思ってくれる人を見つけることで、一瞬で両想いは完成します。

 

かえって自分が追いかけることをやめると、とたんに片思いの相手はあなたを追いかけることだって十分にあります。

 

片思いがうまくいかないときほど、その他のものごとに目を向けてみるチャンスです。

その他の男性や

その他のやりたいこと

逆説的ですが、恋愛は追い求めすぎると相手はどんどん引いてしまうのも事実です。

 

まずは焦って片思いの相手を振り向かせることに一生懸命になる前に視野を広く持って動いてみるようにしてみましょう。

そうすることで、執着がなくなり、片思いもうまくいく可能性が出てきます。

恋愛や対人関係でなぜ執着が良くないの?執着を手放す5つのステップ

関連記事

  1. 【完全理解】男はこんな女性の服装が好き!※見た目が9割はホン…

  2. 頑張らずに恋愛と結婚を自在に手に入れるトランスフォームメソッ…

  3. 知らないとマズい!恋愛の自己肯定感を高めるたった3つのポイン…

  4. 男を見る目がない?あなたを不幸にする男を心理的に見極める方法…

  5. 恋愛で過剰に期待して後悔のパターンを繰り返さない方法

  6. 【本質】結婚して絶対に後悔しない男選びの基準と心構え