「瞑想って修行僧がやるものでしょ?」

「瞑想なんて宗教臭くて怖いからやりたくない!」

 

 

こんな言葉は一昔前の意見で

 

最近では日本でも30代~50代の女性が

「瞑想を習慣化している」という人が増えてきています。

 

 

ヨガから瞑想の効果を知る人や

ビジネスでの効果を期待して瞑想を取り入れる人など

 

いろいろな分野から興味を持つ方が増えています。

 

 

不安やストレス社会に適応するための

手段として少なからず効果を感じている人がいるといことですね。

 

 

そして、瞑想を習慣化することで

不安やストレスに対処できるようになり

 

自分の欲しい物や目標をスムーズに

達成できるようになったという人もいます。

 

 

しかし実際は瞑想だけを実践したからといって

 

宇宙と繋がって何でも引き寄せられるようになる

 

といったことではありません。

 

ここを勘違いすると

それこそ胡散臭いモノで終わってしまいます。

 

あくまでも補助ツールだと思ってください。

 

 

でもちゃんと習慣化すれば

心を安定させ、芯が強くなり

願いを叶えていける下地がつくられていきます。

 

 

今日は引き寄せを加速させるための

瞑想の取り入れ方について一緒に見ていきましょう!

 

 

瞑想は怪しい?

 

瞑想は一種の心の状態を表すものであって

その行為自体が怪しいものではありません。

 

 

良いツールになるか、悪いツールになるかは

扱う人や教える人によるのだと思います。

 

 

瞑想の基本は雑念に囚われない自分を育てることなので

 

心のトレーニングという意味では

別に瞑想でなくてもそれは可能です。

 

 

また、瞑想を極めることによって

宇宙と繋がって願いを叶えたという人もいますが

 

そういったところまで話が及ぶと専門外となるので

今回は扱いません。

 

 

またスティーブジョブズが

瞑想を習慣化していて、

 

あの素晴らしいアイデアたちは

瞑想による効果だと言う人もします。

 

 

確かにそういった要素はあるかもしれません。

 

何故なら瞑想をすることで

余計な思考(雑念)に囚われなくなり

 

直観を得やすくなるということはあります。

 

 

日頃私達は無意識に

5万回以上もの「思考」を働かせていると言われています。

 

 

それは「思考」というより

その殆どが「雑念」です。

 

 

ネガティブな思考だったり

あぁでもない、こうでもない、といった思考が邪魔をして

 

本当に必要な「気づき」や

「インスピレーション」を得るための回路を詰まらせてしまっています。

 

 

結局、アイデアやインスピレーションというものも

脳の神経回路を通ってくるわけですから

 

その回路(道)がいつも雑念で詰まっていたら

本当に必要な情報が通れなくなってしまいます。

 

 

瞑想と引き寄せ効果の関係とは?

 

瞑想には一体どんな効果があるのでしょうか?

 

実際に心理学の実験である検証が行われました。

 

ある会社の社員を3つのグループに分け

 

1つ目のグループは基本的な瞑想を実践してもらい

 

2つ目のグループはリラクゼーションを実践してもらい

 

3つ目のグループには何のトレーニングも課しませんでした。

 

また実験の前後に、イライラするような

マルチタスクのテストを全員に対して行ったところ

 

実験後のテストで、瞑想を実践したグループは、

他の2つのグループよりもテスト中のストレスが低かったことがわかったのです。

 

 

 

瞑想を行うことで

 

  • 大切な気づきや直観が得やすくなったり
  • 不安やストレスに対処できるようになる

 

こういった効果が得られるようになります。

 

例えば日常のふとした瞬間に

 

「ちょっとこういうことを取り入れてみようかな」

「次はこんなことをやってみようかな」

 

という想いが出てきた場合

 

その想いに素直に従える自分になっていたり、

 

ちょっと勇気をもって行動できる自分になっているかもしれません。

 

そして行動が変わることで

 

  • 新しい出会い
  • 新しい目標
  • 新鮮な考え方

 

などが得られやすくなっていきます。

 

 

実際にコーチングの際、

簡単な瞑想を取り入れてみてもらうケースもあります。

 

 

そして数か月すると明らかに心がブレなくなり、

ネガティブな思考に左右されず、目標も達成されています。

 

 

ただし、瞑想を取り入れる上での注意点や

ポイントがあるので以下で解説していきます。

 

 

 

瞑想するときの勘違いポイント

瞑想中に物凄い気づきが得られるかどうかは期待しない方が良い

 

 

瞑想を始める殆どの人が期待しがちなのが

 

「瞑想をすれば凄い引き寄せや、インスピレーションが得られる」

という期待を抱いてスタートさせてしまうことです。

 

 

急に現実的な話をしてしまい

がっかりしたかもしれませんが事実です。

 

 

これはやり方が間違っているというよりも

瞑想にも段階があるということですね。

 

 

瞑想中に啓示を受けた!といった

 

凄い話を聞くことがあると思いますが

こういった現象は殆ど起こりません。

 

 

スピリチュアルな才能を持った人は

こういった現象を体験することもあるかもしれませんが

 

 

瞑想は別にスピリチュアリストだけのものではありません。

 

 

最初に言った通り

基本は心と思考のトレーニングです。

 

 

あくまでも「日常の中の良い習慣」として

気軽に取り入れる感覚で良いのです。

 

 

基本的には最初は自分の雑念に囚われないようにする。

 

雑念をただ眺めて流せるようになる。

 

といったトレーニングです。

 

 

やり方については

基本的に5分~10分ほどの短い時間で取り入れるだけでもOKです。

 

最初から難しいことをやろうとしても続かなくなってしまいます。

 

 

むしろ継続することでじわじわと効果が出てくるものですから

継続できないような難しいことは極力やめた方がいいでしょう。

 

 

一般的な書籍をお手本として取り入れてみても良いでしょうし

または、お寺に行って座禅を教わってもいいかもしれません。

 

 

 

瞑想だけをしても意味がない

 

 

「私達が生活する日常こそが成長の場である」

 

という言葉あります。

 

 

ですから、本来は日常生活の人間関係や

悩みこそが自分を強く成長させてくれる

一番の勉強材料でもあります。

 

 

 

瞑想を取り入れることで心と思考を

コントロールする術が身につく要素もありますが

 

 

瞑想が全てを解決してくれたり

引き寄せてくれるというものではありません。

 

 

もちろん極めれば素晴らしい恩恵をあずかれるかもしれません。

 

しかしそこだけを目的に取り入れると

間違った、それこそ怪しい世界に惑わされることもあるのでご注意を。

 

 

とはいえ、

即効性はありませんが、じわじわと

自分の根底の部分から変化を起こしてくれるとても良い習慣なので

興味がある人は毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか?