「引き寄せの法則なんてウソばっかりですよね、だって私、今本当にどん底なんです。。」

 

以前、深刻な面持ちでご相談頂いたことがありました。

 

 

仕事もうまくいかず

夫ともケンカばかりで浮気をされている状態

 

「自分がなんのために生きているかわかりません。齋木さんが教えている引き寄せで夫を取り戻す方法がありませんか?」

 

 

こういったご相談に来られる方は少なくありません。

 

 

そして、必ず僕が説明するのは

「引き寄せの法則」とは本質的にどんなものなのか?という点です。

 

 

今日お話しする「引き寄せの法則のウソに惑わされず、あなたに知って欲しいホントの引き寄せの技術」をテーマに書いていきます。

 

別に上から目線でお伝えするものではなく、

僕がたくさんの人を見てきて導きだした1つの答えです。

 

 

そしてあまり他では語られていない内容を本音で書きます。

 

 

「引き寄せの法則」に興味がある方は是非読んでみてくださいね。

 

 

 

引き寄せのウソに惑わされないために・・

 

「引き寄せの法則の本に書いてあるとおり、妄想したりワクワクしているのに、、恋愛だけはぜんぜん引き寄せできません。。。」

 

というご相談に来られる方がけっこういらっしゃいます。

 

こういったご相談をいただくと

「あぁ、この人も引き寄せの法則のウソを見抜けず、少し勘違いしてしまっているのかもな・・」と感じることがあります。

 

 

実はこういったご相談をされる方の心の裏側には

 

 

「自分ではどうすることもできないので、見えない力の使い方を教わって、人生を豊かにしたい」

そんな気持ちが隠れていたりします。

 

 

例えば

引き寄せを使って片思いの彼を振り向かせたい

引き寄せを使って不倫している男性を自分のものにしたい

引き寄せを使って夫を自分のもとに取り戻したい

引き寄せを使ってお金を棚ぼた的に引き寄せたい

引き寄せを使って嫌な会社の上司をどっかに飛ばしたい

 

 

こういったことは叶わないことはないと思います。

 

しかし、本質を理解していないと、できません。

 

 

これらの「引き寄せでなんとかしたい」という気持ちは非常に他力本願で、

 

宇宙や神様にお願いすればなんとかなる♪って思っている人たちと近いものがあります。

(他力は自力で行動している人に与えられる力です)

 

 

でもこれ、誰もがハマりがちな引き寄せの法則のウソなんです。

 

 

全てがそういうわけではありませんが

一般的に売れている引き寄せ本の内容は

とても安易で、耳心地の良い楽な方法が流行っています。

 

 

本に載っているような方法だけでは情報量が少なすぎていて、

その方法だけやっていても、殆どの場合うまくいかなないか、惑わされて終わってしまうでしょう。

 

 

何故こういった方法が流行るのかというと、人間は「楽」で「簡単」なことに流される生き物だからです。

 

 

本能的に、潜在意識は「苦労」や「変化」を嫌います。

 

今のままの自分で「楽」に変われるならそっちを選ぶのが当然なのです。

 

 

 

でもそこに「罠」がしかけられているわけです。

 

 

 

何故、僕がこういった引き寄せの法則の「ウソ」があることに気づけたのかというと

 

自分が昔、その罠にどっぷりハマっていたからなんです。笑

 

でもどっぷりハマったことで気づけたことが今に活かされています。

 

 

 

一見ネガティブな出来事から引き寄せの本質が見えてくる

 

 

例えば、

夫の不倫だったり

彼氏に浮気されることだったり

病気を発症することや

会社での人間関係がいつもトラブル続き

 

こういった一見ネガティブな出来事も

自分の内面がもととなって引き寄せていることがあります。

 

 

しかし多くの場合、自分の内面がその状況を創りだし、

引き寄せているということに

あまり気づいていません。

 

 

良い事ばかりを引き寄せようと躍起になってしまいますが

 

 

日常に起きているネガティブな出来事の中にこそ

自分が本来気づかなければいけない大切なメッセージが隠れています。

 

 

 

例えば、「夫が浮気しているから引き寄せで取り戻したい!」と願う前に

 

自分を内側から変えていけば、必ず状況は一変していくことが多々あります。

 

(僕のセッションでは内面を根底から変える技術を心理技術と言っています。)

 

 

他者や外側の世界に祈って現実を変えようと頑張るのではなく

自分が引き寄せている現実なのだから

自分の内面が一変すれば、目の前の現実も一変していきます。

 

 

 

人は自分にとって都合が悪い事が起こると

それは他者のせい、自分が引き寄せたわけではない!と思いがちですが

全て、自分に責任があるとしたらどうでしょうか?

 

 

他者に原因をゆだねている限り、

いつまでも他者や、外環を変えることばかりに躍起になってしまいます。

 

 

でも今の自分に必要な気づきを得ないと

問題やトラブルは繰り返し自分に襲い掛かります。

 

「気づくまでつづくよ~」という感じです。

 

 

※問題やトラブルは自分が気づくまでループし続けるという特徴があります。

 

 

ですから、不倫している夫が自分に戻ってきて幸せな状態をイメージしたりアファーメーションするよりも、

(他者を変えようとするよりも)

 

 

その嫌な出来事から自分は何に気づいて、何を正さなければいけないのか?

ということに気づいていくほうが近道なのです。

 

 

宇宙や神だのみで他人や状況を変えようとするのではなく

 

 

自分の心の「ズレた価値観」だったり

「ズレた思い込み」に気づいて修正していくことで

状況は一変し、望む状況を引き寄せていくことができます。

 

 

引き寄せの技術とは?まずは内面を変えると引き寄せが始まる

 

 

でも何故、他者を変えようとするのではなく

自分の心(内面)に変革を起こしていく必要があるのでしょうか?

 

 

それは以前こちらの記事でお伝えしたとおり、

自分で見ている現実は自分自身の心の投影だからです。

 

 

まさに映画のスクリーンが現実の世界なら

それを映し出している映写機が自分の心ということです。

 

だったら心を変えていけば

上映される映画も一変する。というわけですね。

 

 

今日は引き寄せの法則の本質というテーマでお届けしました。

 

いかがでしたか?

是非コメントやメッセージなどお待ちしています!