今日はSkypeセッションでした♪

 

昨日までの内容は

感謝すると脳の中ではどんなことが起きているのか?

という話をしてきました。

 

自分で言うのもなんですが

かなり重要な話をしました。

 

で、

今日はもう少し深く

どのように感謝すれば現実が良い方向に変化していくのか?

という内容について具体的にふれていきます。

 

 

感謝といえば

「ありがとうございます」を何度も声に出して唱える

という方法を推奨する人もいますが、

 

僕がおすすめする方法はそういった方法ではなく

 

感謝できることに気づいていくために

ある視点を持つこと

ということを重要視しています。

 

これは脳のスイッチを切り替えるような感覚の技術で

マスターしてしまえば本当に役立つ方法です。

 

 

感謝とは視点の切り替えのこと

 

感謝といえば、ありがとうですが

実際には感謝とはもう少し広い意味で捉えていくことが大切です。

 

 

感謝をもっと広い意味で捉えるなら

 

嬉しいなぁと思うこと

便利だなぁと思うこと

素敵だなぁと思うこと

美しいなぁと思うこと

可愛いなぁと思うこと

癒されるなぁと思うこと

助かるなぁと思うこと

心地いいなぁと思うこと

 

こういったことに気づいていくことで

脳の「幸福系」「報酬系」ホルモンを分泌させて、

更に良いことを実感できる毎日をつくりだせるようになります。

 

 

※脳の「幸福系」「報酬系」ホルモンって何?という方は前回の記事が参考になります。

願望を邪魔する不要な思い込みを書き換えるツールとは?

 

 

ワクワクとは感謝の視点を持つこと

 

引き寄せの法則でよく言われる

「ワクワクを選択する」というのは

具体的には感謝の視点を持って、選択すること

という意味があります。

 

 

良い気分を選択すれば、更に良い出来事がやってくると言われるとおり、

 

自分でこの世の中から「感謝できる出来事」に気づいて

どうやって気分を選択していくか?が鍵なのです。

 

 

いつもなら当たり前すぎてスルーしてしまうことでも

 

意識して自分で気づいていくことで

 

心の前提が変化していきます。

 

 

心の前提が変化していくとはどういうことかというと

 

 

今までは

「何だか最近つまんないなー」という視点で

世の中を捉えてしまっていた心の前提が

 

上記のような感謝できることに

細かく気づける自分になることによって

「この世界は幸せに満ちているなぁ」という前提に入れ替わっていくということです。

 

 

ということはつまり

「私の人生は幸せに満ちている」と思えるようになることで

本当に幸せに満ちていく出来事が起こるようになっていくということです。

 

 

単純に「ありがとう」を声に出して何度も唱えるより

 

思考の方を「感謝できる視点」に切り替えるだけで

より良い出来事というのは引き起るようになっていきます。

 

 

実際にマンツーマンの個人セッションでは

とことん、この視点に切り替えるためのワークを念入りにやっていきます。

 

 

まるでスイッチにように視点を切り替えられるようになるので

この思考が身につくことで、人生をより幸せで充実したものに変えていけるというわけです。

 

 

感謝が大事だと言ってきましたが

要は「視点の切り替え」が上手にできるかどうか

これが鍵になります。

 

ですからやみくもに「感謝だ感謝だ」とやっても怪しいだけですし、苦しくなるだけなんですね。

 

なので、

「ワクワクすることがない!」と嘆く前に

感謝できるとを発見する練習。から始めていきましょう。

 

ワクワク=すごく楽しいこと

というルールで縛るのではなく

 

日常の些細な幸せに気づける自分になっていけるかが大切です。

 

是非参考にしてくださいね!!!