願望実現や目標達成に関して話をしていると

こんな疑問を持つ方がいます。

 

「簡単な願望はけっこう引き寄せられるのですが

自分が本当に望んでいることは全く引き寄せられません!」

 

「引き寄せとか宇宙の法則なんて嘘ですよね?」

 

う~ん確かになかなか叶っていかない願望もありますが

それには必ず理由があります。

 

必ずしも、「嘘だ」と決めつけるのはちょっと早計かもしれません。

 

そこで今日のテーマは「引き寄せって嘘なの?本当なの?」という話をしていきます。

 

あなたはどちらだと思いますか?

 

 

引き寄せの法則の法則は嘘ばかりなのか?

 

引き寄せの本には、

高級車を引き寄せた!とか

宝くじを引き寄せた!とか

イメージした通りのマンションを引き寄せた!

なんていう「嘘みたいな話」がゴロゴロ出てきます。

 

でも実践してみると、なかなか難しいと感じる人も多いのではないでしょうか?

 

 

「みんなが言っていることは嘘だ!」と思いたくなる気持ちもわかります。

 

 

でも、実際はその「嘘だ!」という思考が

現実化しているとしたらどうでしょうか?

 

 

「あなたが嘘だと思っているから、嘘という現実が引き寄せられてきているんですよ」

という理屈です。

 

この考え方も一理あります。

 

 

思考は現実化しているのですから

自分が疑いを抱くことで、その証拠が集まり始めます。

 

 

例えば

「西洋医学なんて信じちゃだめだ危険だ!」という信念を持っている人は

 

そういった事実だけを集めて、その現実の中だけで生きています。

 

 

逆に「西洋医学こそが人間を救う一番効果的な方法だ」と信じている人は

 

それ以外の方法を排除し、その現実の中だけで生きています。

 

 

これはどういうことかというと

自分で自分の思考のフィルターをかけているだけなんですね。

 

 

まさに自分の信じた通りの世界を自分のフィルターを通して創っているということです。

 

 

「引き寄せなんて嘘だ!」と思えば、その現実化が始まります。

 

 

脳が勝手に嘘だという証拠を集めようと動き出すからです。

 

きっと批判的な証拠はすぐに見つけられるでしょう。

 

 

その逆もしかりなわけです。

 

 

ではどうしたら自分の本当に望んでいることを引き寄せていけるのでしょうか?

 

一緒に見ていきましょう。

 

 

引き寄せを発動するには何が重要なのか?

 

引き寄せの「法則」というからには

一貫性がなくてはいけません。

 

常に一定のルールで再現できるからこそ法則なのです。

 

 

でもふと、こう思ったことはありませんか?

「簡単なことは引き寄せできるのに

自分の本当の願いはいまだに叶わない」

 

これじゃ一貫性がないし、法則性がないじゃないか!

 

確かにそうですよね。

 

例えば簡単な練習ですが

 

「今日は黄色い車を見つけよう」と決めた場合

きっとすぐに黄色い車を見つけることができると思います。

 

それは「簡単だ」という前提があるからですね。

 

 

「じゃあ宝くじ7億当てよう!」と決めても

なかなか当たらないのは、「簡単ではない」という前提があるからです。

 

 

何かを現実化するには「確信度合い」という

とても大切なポイントがあります。

 

確信していなければ叶いません。

 

 

最近の量子力学の世界でも

この世界は人の信じ込みに沿って創られている

 

という考え方が立証されてきています。

 

 

それが簡単に信じられるものもあれば、

簡単には確信が持てないものもあるということです。

 

 

でもすぐに現実化しないからといって

全て「嘘だ」と決めてしまうと

それは非常にもったいないことです。

 

 

嘘だと決めつけず確信度合いを高めていくには?

 

確信度合いを高めるには

「自分にもできるかもしれない」という事実だけを集めていくことが重要です。

 

 

もし、疑念がわいたら、その都度その疑念を

上書きしていくようにしましょう。

 

 

例え今すぐに叶っていなくても

それは「今」叶っていないだけなのです。

 

 

自分の確信度合いを高めていけば

その先に叶う可能性が十分にあります。

 

ずっと信じ続けて、今できる行動を積み上げることが大切です。

 

 

うまくいかない人は

焦り、不安に支配されてしまいがちですが

 

日々、自分の願望を実現するための確信度合いを上げていくことだけに集中しましょう。

 

 

サッカーの本田圭佑選手や

野球のイチロー選手も

 

自分が将来プロになって活躍するということを

小学生の頃に決めて、

それを信じ続けて、練習し、確信度合いを上げてきました。

 

彼らの夢もすぐに叶ったわけではありません。

 

 

そのためには、日々の小さな自分の「達成感」を実感し

 

どれだけ自分が豊で、幸せな状態を引き寄せることができているか、知る事がコツです。

 

日々の小さな「達成」の積み重ねが、自分の自信に繋がります。

 

 

「引き寄せの法則」は大きな願望から小さな願望まで

必ず確信度合いによって叶うスピードも変化します。

 

 

願望が大きければ大きいほど、

自分が難しいと思っていることほど、

それなりのタイムラグが生じることになります。

 

 

でも諦めず、信じてまっすぐに実践し続ければ

どんな形で表現されるかはわかりませんが、

きっと叶うときがきます。

 

 

引き寄せなんて嘘だ!という疑念が湧いてきたら

自分のフィルターが「嘘」という現実を集めようとしてしまっているので、

 

 

その「嘘」というフィルターを外して

「信じて続けてみよう」という新しいフィルターに上書きしてみてください。

 

 

まとめ

自分が信じた通りの現実が創られているので

「嘘だ」と決めてしまえば、そこで望んでいることは叶わなくなってしまいます。

それは量子力学の世界でも科学的に立証されてきている。

引き寄せの法則を発動して、願いを上手に叶えていくには

「確信度合い」を日々高めていくことが大切。

自分の中で疑念がでてきても、それを上書きして

ポジティブな解釈で意味付けてしていくことで現実の見え方も変わってくる。