こんな方法あったの?恋愛で不安になる癖”を解消するコツ

 

こんにちは!

恋愛セルフイメージコーチの齋木です。

 

恋愛の不安に関する悩みや

モヤモヤして気分が落ち込んでしまうといった

ご相談は日々、途絶えることがありません。

 

例えば

  • 年齢的にもう出会いがないのでは?
  • 彼氏からLINEが返ってこない、嫌われたのでしょうか?
  • 自分はモテない・・自分に自信がありません。
  • どうしても元カレが忘れられません。。

 

こういった不安は恋愛につきものです。

ですが、不安に押しつぶされていては

目の前にチャンスが訪れても、

自分でつかみにいくことができません。

 

そこで今回は、恋愛における不安の解消法について

お伝えしていきます

 

考え方の基本を身に着けることができれば

どんな状況でも、自分で乗り越えていくことができるようになります。

 

そんな普遍的な心理技術をお伝えしていきたいと思います。

 

こんな方法あったの?恋愛で不安になる癖”を解消するコツ

例えば恋愛で、好きな人から連絡がないと

「自分はもう嫌われたんだ」と思って気持ちが沈んでしまう人がいます。

 

「私は何かミスをしてしまったんだ・・」とか

「私は彼に嫌われる言動をしてしまったんだ・・」など

 

1つの出来事からいろいろな妄想が膨らみ

連絡がこない=嫌われたかも・・

という公式が当たり前のように

頭の中で自分との会話が始まります。

 

思い込みが激しくなると

人によっては「未読スルーされてるんだ・・悲しい」

というようにどんどんネガティブなフィードバックを

自分の頭の中で繰り返してしまいます。

 

しかし、これは単なる思い過ごしに過ぎなかった

ということも往々にして起こります。

 

単純に彼は忙しかっただけで

嫌いになったとか、そういう意味は全くなかったという事実が

後から分かることもあります。

 

実は恋愛における不安というのは

かなりの部分で「思い過ごし」や

「勝手な判断」「思い込み」

などによる自分の頭の中だけで起きていることばかりなのです。

 

「勝手な判断」

「勝手な思い込み」

などによって、更に状況を悪化させてしまう人が殆どです。

 

彼は別に嫌いだからLINEをしなかったわけでもないのに

勝手な自分の判断で、「嫌われたと思い込んで」

長文の重たい文章を一方的に彼に送ってしまう。

 

すると、ボタンの掛け違いのように

どんどん状況が悪化してしまうことにもなるというわけです。

 

事件の現場検証と同じで

起きている事実からいろいろ状況を想像するなら良いのですが

勝手な判断で、「犯人はこいつに決まっている!」

と思い込んで突っ走ると、

間違った判断を下してしまうことにもなります。

 

とはいえ、

そんなことは分かっているけど

頭の中ではいつも不安を想像してしまうんです

という人もいるでしょう。

 

ではなぜ、不安が勝手に頭の中を支配してしまうのでしょうか?

 

それは過去の記憶から来ています。

 

不安は過去の記憶から誘発される

なぜ、まだ起きてもいないことを

いつも考えて不安になってしまうのでしょうか?

 

それは、過去の記憶から

「またこうなるのでは?」という経験を元に

感情を引っ張り出してきているからです。

 

例えば過去に男性から酷い扱いをうけた人は

新しい恋が始まっても

「また過去と同じことが起こるかもしれない」

という不安が頭をよぎります。

 

これは人間にそもそも備わった

自己防衛本能ですから

本能的に先に不安を感じて

自分を危険から守るための自然な行為でもあります。

 

なので、不安を抱えることは必ずしも悪い事ではありません。

 

ですが、これが考え方の癖になってしまって

習慣化されてしまうと、息苦しさを感じたり

不安で耐えられなくなってしまうことにもなります。

ではどうしたらその癖を解消していけるのか?

 

 

恋愛で不安になる癖を解消する方法

人間の頭の中はある程度パターン化された思考の癖があります。

例えば

〇〇が起こると△△ということが起こる

というパターンを人それぞれ持っています。

 

雨がふると憂鬱な気分になる。とか

本屋にいくとトイレにいきたくなる。とか

男性を目の前にすると緊張する。とか

 

これらのパターンは

本当は何も根拠がないのに、

過去の経験から自分でそう決めて、

そういう結果を自分で導きだしているだけなんです。

 

なぜなら、雨がふっても必ずしも憂鬱になる人はいませんし

逆にウキウキするという人もいるかもしれません。(子供とか)

 

男性を目の前にしても緊張する人もいれば

男性を目の前にして楽しい気分になる人もいます。

 

恋愛で不安になるときも同じで

  • 年齢的にもう出会いがないのでは?
  • 彼氏からLINEが返ってこない、嫌われたのでしょうか?
  • 自分はモテない・・自分に自信がありません。
  • どうしても元カレが忘れられません。。

 

こういった上記のような不安も

自分で勝手に判断し、そう結論づけているにすぎないんです。

 

年齢が上がる=出会いがなくなる

LINEがこない=嫌われた

自分はモテない=自分はダメだ

元カレこそが最高だった=忘れられない(もうこれ以上の人とは出会えない)

 

これらすべて、反対のことも言えます。

年齢が上がったからといって出会いがなくなるわけではありません。

自分で主体的に動けば出会いは増やすこともできます。

 

彼から連絡がないという事実だけで、嫌われたという証拠にはなりません。

連絡するのが遅い人かもしれないからです。

 

むしろ恋愛に対して

慎重な人だからこそじっくりと考えて

連絡するタイプなのかもしれません。

 

つまり、不安を解消する第一歩は

まだ起きていない先の未来に対して

いろいろなジャッジ、想像をして

「こうかもしれない、ああかもしれない」

とパターンを描いてみるということです。

 

逆に今までのように固定した視点だけで

「これはこうだ!」と決めてしまうと

事実が捻じ曲げられて進められてしまいます。

 

目の前に一本の道しか設定されていないと

1つの選択しかできません。

 

つまり、嫌われたかも・・という不安になる道しか

自分で歩いていくことができなくなります。

 

ですが、いろいろな道を目の前にイメージし

こういう可能性もあるし、

こういう可能性もある。

という具合に想定しておけば、

必要以上に不安だけの道を進むことはなくなります。

 

自分でなかなかそう思えないという人は

第三者の意見なら受け入れやすいので

 

友人に違う視点のアドバイスをもらったり

また別の人からも違うアドバイスをもらって

自分の頭の中に様々な可能性のパターンが

持てるようすると不安は不安ではなくなってしまいます。

 

ポイントは、今起きている事実だけを直視して

自分が勝手に余計な判断や

勝手な不安を描いていないか?という点に気づくことです。

 

そして別の可能性や未来の選択肢を描くことができれば

不安だけにフォーカスすることは減っていきます。

 

 

まとめ

恋愛で不安になるときは、自分の中での「思い込み」や「思い過ごし」が深く影響していることが殆ど。

本当に不安が的中するかどうかは、起きてみないとわからないこと。

ポイントは起きている事実だけを見て、勝手な妄想やネガティブなイメージを膨らませていないかどうか自分で気づいていくことがとても大切。

関連記事

  1. 【プロ直伝】片思いが成就してしまうちょっと反則な方法

  2. 子連れの再婚は難しと思ってない?幸せな結婚を引き寄せる心理コ…

  3. 男性から信頼される恋愛心理テク【まとめ】

  4. 男が絶対に手放したくない女性の特徴

  5. 8割が知らない褒め方【男性を惹きつけるテクニック】

  6. 浮気されるのは自分の中の「ジャッジ」がズレているせい?【恋愛…