「好きな人や彼氏(または彼女)から返信がこない!」

「私、嫌われたのかな?」「他の誰かと会っているのかな?」

 

そんなふうに不安や孤独感におそわれたことはありませんか?

 

こういった事を不安に感じる方のなかで

自分はアスペルガー症候群なのでは?と心配になる人もいます。

 

この感情を放っておくと、

欠乏感(満たされない感覚)が

常に自分に付きまとうことになります。

 

でもご安心を。

恋愛に対する執着心はどんな人でも

大なり小なり持っているものです。

 

しかし、恋愛コミュニケーション力が高い人は

その執着と上手に付き合うことができ、

時にはすぐに切り替えて手放すことができます。

 

それだけの違いなのです。

なので、自分はアスペルガーなのか?とか

執着がなかなか手放せず困っていると不安になる前に

以下の対応方法を読み進めて活用してみてください。

必ず効果が得られますよ。

 

 

 

好きな人から連絡がこないときの適切な思考方法

 

何かを思い悩むとか、苦しいといった感情は

基本的に人間の脳内で行われています。

 

人は苦しいとき胸をおさえたり、

ふさぎ込んでしまうことがありますが

 

基本的には脳内で起きている「考えの癖」から

苦しみや不安が起きているだけですので、

 

これからお伝えする「思考の仕組み」を押させておけば

苦しい状況や、嫉妬している状況、不安感から

抜け出していくことができるようになります。

 

 

不安を解消する脳の仕組みを知ろう

 

 

人間の脳はそもそも使うエネルギーを省エネして動かしているので

 

ある出来事が起きても、

その判断を今までの経験から

勝手に導きだしてジャッジしています。

 

具体的に言うと、例えば

彼氏から連絡がこない=「嫌われた」or「他の誰かと会っている」

 

このジャッジは実は脳が勝手に行っていることで、

実際にはどこにもその証拠がないことがわかると思います。

 

冷静に考えると

「連絡がこないからといって、浮気している」とか

「連絡がこないからといって嫌われた」といった判断は、

脳が過去の記憶を頼りに勝手にジャッジしているにすぎないのです。

 

 

もう少し違う言い方をするなら

「自分の脳が勝手に悪いイメージを引っ張ってきて妄想しているにすぎない。」

というわけです。

 

 

これは脳が冷静さを欠いている状態です。

冷静に考えることを放棄して

「絶対にそうだ」と勝手に判断して自分で自分を苦しめているのです。

 

 

もちろんこれを読んでいる人は

「そんなことは頭ではわかっているけど、苦しいものは苦しいんだ!」と仰るかもしれませんね。

 

では頭でわかっていながら

悪いことを妄想してしまう癖をどのようにして

変えていくのか?

 

 

悪いことを妄想してしまう状態から抜け出すには?

 

それは

先ほど言ったように、悪いことを妄想してしまうのは

あくまでも「脳の癖でしかない」ということをまず知る事が大事です。

 

 

脳は、ある出来事と感情を自動的に結びつける癖があります。

 

人によっては、ポジティブな感情と結びつける癖が出来上がっている人もいれば

 

人によっては、ネガティブな感情と結びつける癖が出来上がっている人もいます。

 

 

つまり、ネガティブな癖を持っている人は

「連絡がすぐに返ってこない=ネガティブなこと」

という脳の回路が、太く連結されていて、

当たり前のようになってしまっている状態ということです。

 

 

では、脳科学的にこれらの「悪い癖」を

どのように修正していくのかというと

 

 

一回、一回、自分が勝手にジャッジしている瞬間に気づけるようになっていくこと。

これがまず1stステップとして重要です。

 

 

「あ、また悪いジャッジが入っているな」と気づけるようになること。

 

 

そして、2ndステップとして

「それって本当だろうか?」というように

違うジャッジを入れていくようにする。

 

このように

自分の脳を教育しくことから始めると、

徐々にその悪い癖はなくなっていきます。

 

 

今までは自分の脳が勝手にジャッジして

「連絡がこない=嫌われた」と判断し、その思考に流されていました。

 

 

しかし、この勝手な思考の流れに一旦気づいて

それを冷静に見ていくようにする。

 

 

そして脳を教育していくと、かなりの割合で

悪い癖は修正されていきます。

 

 

つまり、脳の中で新しいジャッジの回路が出来上がるので

 

ニュートラルに冷静に考える癖が出来上がっていきます。

 

実際にこの手法は心理学の中で認知行動療法と呼ばれるものを、簡易的にしたやり方で個人コーチングでも扱うことがあります。

 

メルマガの読者様からも「ネガティブな思考の癖が変わってきた!」というお声を多数いただいています。

 

自分のネガティブな思考を変えるには非常に有効な方法なので、少しずつトレーニングしていくように心掛けてみてください。