本当は知られたくない男性心理!復縁したくなる絶妙な時期とは?

 

こんにちは!

「恋愛セルフイメージコーチ」の齋木です

 

今回は『本当は知られたくない男の本音、復縁したくなる時期と男性心理』と題して

 

男が彼女と別れて復縁したくなるときの心理や、その時期、アプローチ方法などについて詳しくお伝えしていきます。

 

今復縁で悩んでいる方は何かヒントが見つかるかもしれませんので、是非じっくり読み進めて見てください。

 

男の本心は意外と難しい!騙されないメンタルを鍛えておきましょう↓

本命?それとも嘘?騙されないための10の男性心理と行動

 

 

本当は知られたくない男性心理!復縁したくなる絶妙な時期とは?

 

当たり前ですが、男が彼女と別れてもう一度復縁したいと望んでいるときの心理というのは、男性側がフラれた時の方が強くそれを望みます。

 

また、男が強がったり、ケンカの勢いで「別れる!」という選択をしてしまったとき、本気で思っていなくても流れで別れる結果になってしった場合など、男は未練が残ることがあります。

 

男が彼女と復縁したいと強く思うとき、それは付き合っている当初から彼女に凄く惚れこんでいる場合や、自分が浮気などをしてしまって、彼女に愛想をつかされてしまった場合なども「もう一度やり直したい」と望むことが多いようです。

 

逆に男が復縁をあまり望まないケースもあります。

 

それは別に好きな人ができてしまって、恋がスタートしてしまっている場合です。

 

別れた当初は別に好きな人がいなくても、モテる男性であればすぐに別の彼女ができることも普通にあり得ます。

 

こういった場合は、いくら冷却期間を置いても彼の気持ちが別に向いているので復縁は難しいでしょう。

 

また、男が復縁を望まない時というのは「楽しい未来を想像できないとき」などがあげられます。

 

例えば、

彼女と復縁したとしても、またケンカを繰り返すイメージがある場合や、メンタルが落ち込みやすい癖がある場合、これ以上自分が支えていくのは大変かもしれない。。といったリスクばかりを想像してしまいます。

 

では次に男が復縁したくなっているときの行動について詳しく見ていきましょう。

 

男が復縁したくなっているときにとる行動と心理

男性の方から個人セッションのご相談を受けることもあるのですが、その中で男性が復縁したいと望んでいるときの行動や心理状態は以下のようにまとめました。

 

  1. 一人で淋しいと感じているとき
  2. 罪悪感が出てきているとき
  3. 街でばったりすれちがったとき
  4. 別れたばかりのとき

 

1、一人で淋しいと感じているとき

 

男は本当に勝手だと思うかもしれませんが、別れてから一人の淋しさを感じたり、他の彼女ができても以前ほどうまくいっていないときは、前の彼女のことを思い出してついつい連絡をしてしまうという男性もいました。

 

男も淋しいと感じる人もいますし、元カノを思い出して連絡してしまうというケースは意外と多いようです。

 

2、罪悪感が出てきているとき

 

男性側に非があって別れてしまった場合や、ケンカの勢いで別れてしまった場合など、男もしばらくすると罪悪感を持つことがあります。

 

俗に言う「冷却期間」にそれを感じることがあり、男性も罪悪感を感じているときは自分から「謝り」の連絡をしてくることもあります。

 

このタイミングで二人でもう一度話し合いができれば、復縁できる可能性もあります。

 

3、街でばったりすれちがったとき

 

『元カノが近所に住んでいるので、街でばったりすれちがったときにその後ついついLINEを送ってしまいました』という男性もいます。

 

男女の恋愛は「距離感」がとても重要で、さっさと彼を忘れたいときは「距離」をどんどん離した方が忘れられるようになりますが、

 

逆に会社が同じだったり、近所に住んでいる場合、どうしても「距離」が近いので、文字通り頭から離れなくなり、ついつい連絡してしまう。ということもあります。

 

4、別れたばかりのとき

 

別れてから1ヵ月~半年くらいの間は、男性も復縁したいと望んでいることがあります。

 

当然この場合は男性側に新しい彼女がいない場合に限ります。

 

また復縁を望むかどうかは、「別れ方」が一番大事です。

 

まだ話し合いの余地があるのに、ケンカ別れしてしまった場合は、男性も冷却期間を置いて反省していたり、もう一度話し合いたいと望んでいるかもしれません。

 

 

急に冷たくなる男性心理と対処の仕方

 

 

男性側が急に連絡をせずにフェードアウトしてしまった場合、どう気持ちの整理をつけて、対処すればいいのでしょうか。

 

はっきりと「別れよう」と言ってくれればまだ話し合いの余地がありますが

 

そうではなく、連絡をしても返ってこなかったり、ブロックされてしまった場合、どうしたらもう一度振り向いてくれるようになるのでしょうか?

 

男は意外と臆病

そもそも彼女にハッキリと別れようと言えない男性が意外とたくさんいます。

 

彼女を傷つけまいとしてとった行動なのでしょうが、逆にそれが彼女の中でモヤモヤをつくってしまい、ずっと忘れられずに心の傷として残ってしまうことがあります。

 

男性心理から読み解くと、急に冷たくなったり、連絡が来なくなる理由は、「ハッキリと気持ちを伝えるのが怖いとき」です。

 

例えば、他に好きな人ができてしまったり、嫌な部分がどうしても会って伝えられずにいる場合です。

 

こういった場合は、最後にあなたから一度だけ彼に理由が聞きたいということだけ伝えて、それでも返信がなければ、前を向いて次のステップに進む方がベストです。

 

復縁のために何か月も時間を費やすよりも、新しく自分を大切に想ってくれる男性を見つけることの方が幸せだということに気づいていくことも大切です。

 

 

復縁したいときはどんなアプローチがベスト?

復縁したいときはいきなりLINEなどで自分の気持ちを長文で送るよりも、効果的な方法があります。

 

以前こちらの記事もで紹介しましたが、男性は長文のメールやLINEを少し「重い」と感じたりします。

男性心理がわかる!LINEの好意的サインと既読スルーの理由を暴露

 

もし、LINEを送るとしてもいったん冷却期間をおくようにしましょう。

 

別れたばかりの頃は、彼も心を決めて告げたわけですから、そう簡単に自分の考えをひっくり返すという気持ちにはなれないかもしれません。

 

数日から1週間くらい連絡を取らない期間を置いて、彼が冷静になったところで自分の気持ちをLINEで送ってみて相手の反応を見てみましょう。

 

また、LINEではなく手紙で気持ちを伝えるというのも効果的です。

 

普段手書きの文章を読むことが少なくなった中で、手書きで気持ちを伝えると本当の気持ちが伝わることもあります。

 

どうしてもLINEの文字づらだけでは変化がつきにくいので、時には手紙を送ってみて彼の気持ちに刺激を与えてみましょう。

 

逆にNGな行動は、いきなり家まで押し掛けていったり、会社の前で待ち伏せするというのは、ちょっとビックリされてしまうかもしれません。

 

また何度も連絡したり、なんども会いにいこうとするのも良くありません。

 

追いかけたくなる気持ちのときほど、自分が冷静になることをお忘れなく。

 

 

まとめ

男が復縁を強く望むときはフラれたときや、勢いや流れで別れを選んでしまったとき。

また男が一人で淋しいと感じたり、罪悪感を感じているときは復縁するタイミングで多いパターン。

逆に復縁したいと望んでいないときは、他に好きな人ができていたり、復縁しても楽しい未来が想像できないとき。

復縁するときのアプローチ方法としては、別れてすぐに連絡を取り合うよりも一度、彼に冷静になる期間を与えることで彼女の大切さを思い出すこともできる。

また、自分の気持ちをわかってほしいという想いだけで何度も連絡したり、会いにいくのはやめて、手紙を書いて想いを伝えることも効果的。

 

関連記事

  1. 【要注意!】男が心変わりしてしまうNGな行為、振る舞い3選

  2. 男だからわかる既婚者なのに他の女性が好きになる男性心理とは

  3. 男性心理を操って一目惚れさせる恋愛テクニック

  4. 男が語る男性心理!結婚したいと思う女性と遊びで終わる違いとは…

  5. 謝ることができない男性心理・彼を素直にさせるマル秘テクニック…

  6. 本当の男性心理を知らずに職場の恋愛で騙される女の5の特徴