引き寄せ上手な人や

ラッキーな人は

 

シンクロニシティに気づくレベルが非常に高いことをご存知ですか?

 

「偶然こんなことが起きた!」

「こないだ偶然あの人とバッタリ出会った!」

「偶然食べたかったものをごちそうになった!」

 

こんな感じで

偶然〇〇が起きたことに対して

とても敏感に察知して、

 

「自分はラッキー♪」と思える準備が

いつもできています。

 

いつも愚痴ばかりで

「つまらなーい!」と言っている人とは180°

物事の観かたが異なります。

 

今日はどうしたら引き寄せ力をアップし

運を良くしていけるのかについて

 

「シンクロニシティ」をテーマにお伝えします。

 

 

シンクロニシティを巻き起こすコツ

 

シンクロニシティ(偶然の一致)は

普段あまり気づいていないだけで

 

実はこの瞬間もどこかで起こっています。

 

 

それは目の前で起きているかもしれませんし

後ろで起きているかもしれません。

 

 

シンクロニシティを起こせるかどうかは

 

シンクロニシティに敏感になるかどうかで決まります。

 

 

日頃からシンクロニシティを意識する

 

 

例えば今時計を観たらゾロ目になっているかもしれません。

 

「いやいやそんなことどうでもいいじゃん!」って

 

思うかもしれませんね。

 

でもこんな小さなことでも

シンクロニシティに気づくレベルを上げるには

とっても楽しいトレーニングになります。

 

 

先ほども言ったように

運がいい人や引き寄せ上手な人ほど

 

目の前の些細なラッキーや

「楽しみ」に気づくレベルが高いのです。

 

 

そして

その小さな出来事が重なり合って

どんどん大きくなって

 

大きなラッキーを受け取ることにもなっていきます。

 

 

シンクロニシティに気づくアンテナを張っておく

 

日頃から些細な偶然でも楽しめる心を準備しておきましょう。

 

周りが何と言おうと、

「今日はこんな偶然が起きた!」と

自分でポジティブに受け取ってもいいのです。

 

 

最初にお伝えしたように

日頃から愚痴っぽい人は

 

「愚痴」に繋がるような日常の出来事に

フォーカスしてしまっています。

 

あなたの周りにもそんな人がいませんか?

 

それとは逆に

良い出来事を引き寄せるためには

 

小さなラッキーや偶然に気づけるようになっていけばいいのです。

 

 

ネガティブな偶然を引き寄せてしまった場合の対処方法

とはいえ、生きていれば

ネガティブで嫌なことも起こりますよね。

 

自分にとって嫌な偶然が起きたら

どう対処すればいいのか。

 

 

それは

どんな出来事にも

「陰と陽」「プラスの面とマイナスの面」

が用意されていることをまず意識しましょう。

 

そして、

一見ネガティブな出来事に対しても

 

その出来事に

どんな意味があるのか?

 

どんなメッセージがあって

偶然起きたのかを考えるようにしてみてください。

 

 

その答えは自分で「こういうことかもな」と

決めてしまっていいのです。

 

誰かが答えを教えてくれるわけではありません。

 

自分でその嫌な偶然から

どんな前向きなメッセージを受け取るかが重要なのです。

 

そうすることで、また新たに前に進んでいけます。

 

 

まとめ

 

ラッキーをつかみやすい人ほど

日頃から小さな偶然に気づくレベルが高い。敏感である。

そして引き寄せ上手になるには

日頃から「シンクロニシティのアンテナ」を張り巡らせておくこと。

 

また、偶然嫌なことが起きても

それを単純に「嫌なこと」と捉えず

「プラスの面」も見れるようにトレーニングをしよう。

 

こちらの記事は動画でもわかりやすく解説していますよ♪