実は望んでいたものを

自分からチャンスを逃していたり、

そのチャンスに気づけずにスルーしてしまっている人がいます。

 

 

今回お伝えする内容は

理想の夢が叶っている自分と

現在の自分とのギャップを埋めて

 

既に叶えている状態の自分を準備しておくことで

 

「自分にはまだ無理」とか

「自分には自信がない」といった

 

自己評価の低い状態を

「自分はチャンスを掴める」という脳の状態に

書き換えるための方法をご紹介します。

 

 

未来の自分と今の自分のギャップで「脳」は引き寄せ始める

 

ここでは、脳の特性を活かして

あなたの望んでいる状態を

引き寄せやすくしていくための方法をご紹介します。

 

 

例えば

まだあなたの望んでいる状態を達成できていない状態から

達成できる自分のセルフイメージに書き換えていくには

 

まずは現在の自分のセルフイメージを認識しておく必要があります。

 

 

Q1、あなたは自分自身のことをどんな人間だと認識していますか?

最低でも10個は書き出してみてください。

 

 

Q2、あなたの得たいものや達成したいと思っていることは何ですか?

 

 

 

ここで仮にQ1での自己認識が例えば

「私は独身のOLです。」

 

といった自己認識を書き出していて

 

 

Q2の「望んでいること」や「達成したいこと」が仮に

「結婚して幸せな家庭を持つこと」

だとした場合、

 

 

Q1の現状の自己認識と

Q2の未来で達成した自分との間に

ギャップが生まれていることに気づくと思います。

 

そこで、もう一つ質問です。

 

 

Q3 先ほどQ1で書き出した自己認識は、既に目的を達成した自分の自己認識と同じものになっているでしょうか?

 

例えばあなたの望んでいる状態が

「結婚して幸せな家庭を持つこと」であれば

 

既にその願望を叶えているあなたの自己認識は

「結婚して家庭を持っていて幸せです。」という認識になるはずです。

 

 

しかし、実際に叶えてもいないのに

「私は既に結婚して幸せです。」なんて自己認識をするのは難しいですよね?

 

 

そういう場合は

「私は結婚して幸せな家庭を持ちます」とノートに書き出して自分に宣言しておくだけでもいいでしょう。

 

その時に現れる心の違和感こそが

未来の望む状態を引き寄せる原動力になります。

 

 

未来が現実に追いついてくる仕組みとは?

 

 

上記のように未来の状態と

現状の状態にギャップが生じることで

 

脳はそのギャップを埋めようとして

情報を集め始めます。

 

実際にノートに

「私は結婚して幸せな家庭を持ちます」と宣言しても

心に違和感を感じるでしょう。

 

 

その違和感こそが未来と現在のギャップを

埋めるために必要な感覚なのです。

 

 

脳はギャップを感じると

それを埋めようとして活動し始めます。

 

 

例えば、男性と出会うための機会を探し始めたり

友達からのお誘いや、イベントごとの情報も集めるようになります。

 

 

ポイントとしては

既に「未来の望む状態」になっている自分として

 

日頃から振る舞い方を意識していくことが重要です。

 

 

最初に「器」を準備しておくからこそ

その器に収まるべきものが、収まるわけです。

 

 

既に叶えている自分を意識し続けることで

実際に夢を叶えた人がいます。

 

 

ロンドンオリンピックで金メダルを取った

プロボクサーの村田諒太選手は

 

自宅の冷蔵庫に「ロンドンオリンピックで金メダルを取る事ができました!応援ありがとうございました!」

 

という貼り紙をして、毎日意識していたそうです。

 

 

更にセルフイメージを書き換えてもっと引きよせを加速させる方法

 

 

ここまでは、「紙に書いて意識すること」の重要性をお伝えしました。

 

しかし、実際はそれだけでは夢は叶いません。

 

更にその願望を叶いやすくしていくには

 

自分の実体験を増やす必要があります。

 

 

既に叶ったらどんな感覚がするだろうか??

 

このイメージにリアリティを持たせていくことが最も重要です。

 

 

例えば新車が欲しい人であれば

 

新車を試乗してみて実際の感覚をリアルに体験してみる。

 

新しい家が欲しい人であれば

モデルルームに足を運んでみる。

といった新しいリアルな経験を増やしていきましょう。

 

実際の例ですが、

1年後に自分の好きなことで起業したいと夢を描いていたOLの女性がいたのですが、

 

 

彼女はOLの時から積極的に自分の望むジャンルで「既に成功している人」のワークショップに参加してみたり、

 

話を聞きにいくようにしていました。

 

 

そうしたところ、とんとん拍子に引き寄せが起こり

実際に1年後に起業し、事業を軌道に乗せることができたのです。

 

 

このように現状の自己認識と

望む未来の自己認識とのギャップを知って

 

その望む状態に既になっている自分はどんな状態か?

を想像して、リアルな体験を増やし、準備していくことで

夢や目標をスピーディーに叶えていくことができるようになります。

 

 

まとめ

脳に現状の自己認識と未来の自己認識とのギャップを印象付けることで

そのギャップを埋めようして必要な情報を集め始める。

更にノートなどに「既に叶えた自分」として書いておくとよい。

そして、リアルに未来の状態を体験する機会を増やすことも重要。

家が欲しければモデルルームを内見しにいくなど

リアルな体験をどんどん意識的に増やしていくことで実現へのスピードが早くなる。