【暴露】結婚に踏み切れない男心と本音!いつまで婚活続けるの?

こんにちは!

恋愛セルフイメージコーチの齋木です

 

ご相談の7割程度は女性の相談者さんからが多いのですが、

残りの3割程度は男性からいただく恋愛のご相談もあります。

 

そんな中で、なかなか結婚に踏み切れないという男性の悩みだったり

自分に自信がないという男性の悩みもたくさんいただきます。

 

今日はたくさん頂くご相談の中から「恋愛に関する男心」について深く掘り下げていきます。

 

長く付き合っていてもなぜか、彼がプロポーズしてくれない。とか

 

彼がちゃんと将来のことを考えているのか不安という方

 

そんなあなたに知っておいて欲しい恋愛に関する男性心理。

 

結婚に踏み切れない男がいるのは何故なのか?

そこには必ず心理的な原因があります。

 

結婚に踏み切れない男心と本音とは?

 

なかなか結婚に踏み切れないという

男性のご相談者様からいただく悩みを以下にまとめました。

 

男性側にもいろいろな問題はあると思いますが、

「結婚になかなか踏み切れない男はこんなことを考えている」という参考程度にみておいてください。

 

 

男が結婚に踏み切らないとき、彼女に対して思っていること

 

  1. 一緒に住んだときに家事があまりできない彼女
  2. 落ち込みやすい、ネガティブ思考の彼女
  3. 自分の趣味や、やりたいこと、目標がない彼女
  4. 部屋を片付けられない彼女
  5. 本音を話してくれない彼女

 

これらは実際にご相談にこられた男性の意見をまとめたものになります。

 

一つずつみていきましょう

 

1、一緒に住んだときに家事があまりできない彼女

 

大前提として家事はどちらが一方的に押し付けることはよくありません。

二人で話し合って役割を決めるなどの工夫も必要です。

 

ですから、必ず女性が家事をやらなければならないというのは間違いですし、

二人が幸せな生活をおくるためには、

お互いに協力しあって、家事をやる努力をする意識が大切です。

 

ですが、「私は家事が苦手」という方もいます。

 

家事ができるようになるということは、

精神的な自律にも繋がるので、少しずつでもできるようになった方が可能性は広がります。

 

家のことが何一つできず、

誰かに頼ってしまうのは、男であれ、女であれ、

そもそも恋愛や結婚には向かないのかもしれません。

 

2、落ち込みやすい、ネガティブ思考な彼女

 

人間であればどんなときもポジティブ思考で生きることは難しいものです。

 

しかし、お互いが困ったときに

支え合えることが恋愛・結婚には大切な要素になります。

 

一方がいつもネガティブ思考で落ち込みやすいメンタルのままだと

一生一緒に過ごすことは難しいと考えてしまうのは当然かもしれません。

 

特に寄りかかられる恋愛を嫌う男性は多いようです。

 

最初は甘えん坊で可愛いなと思うかもしれませんが、

いつも落ち込み癖があったり、

彼がいないと生きていけないといった態度は、

かえって「重さ」を感じてしまいます。

 

ネガティブ思考はもともとの性格だから直らないと考える人もいますが、これは間違いです。

 

どんな人も考え方の癖や習慣を変えることで

必ずネガティブな癖を変えていくことはできます。

 

実際に個人セッションを通じてネガティブ思考の癖を改善された方は何名もいます。

ネガティブ思考の改善にはこたらの記事が参考になります。

今すぐネガティブ思考を変える!メンタルコーチ直伝の4つのステップ

 

3、自分の趣味や、やりたいこと、目標がない彼女

 

なぜ趣味や目標を持っている女性の方が好まれるのでしょうか。

 

それは、ずっと一緒に生活する中で

お互いが自由な時間を持てて、

それぞれが高め合える関係性の方が男性としても気楽で安心できるからです。

 

逆に何もやりたいことがなく、

結婚することがだけが目標になってしまうと

男性としては結婚に対してあまり魅力を感じず、不自由さを感じます。

 

こういった意見は非常に多いです。

 

将来お互いにやりたいことがあって、

それぞれが刺激しあって時間を使い合える関係性の方が理想的と言えます。

 

4、部屋を片付けられない彼女

 

先ほどの家事ができないという理由と似ていますが少し違います。

 

部屋の状態は、自身の頭の中の状態を表しているとよく言われます。

 

つまりいつも部屋が汚れていて

片付いていないと一緒にいても居心地が悪く感じてしまうものです。

 

部屋をこまめに片づけることで、

精神的な自律もできるようになりますし

物事をスッキリと悩まずに考え、行動に移せるようにもなります。

 

5、本音を話してくれない彼女

 

これも男性からの意見で非常に多かったのですが、

 

いつも男の言うことに合わせてくれて聞いてくれるけれど

自分の意見や本音を言ってくれることがないので

「彼氏が自分じゃなくてもいいのでは?」と思ってしまうことがあるようです。

 

女性としても、嫌われたくない思いがあった

、男性が急に怒りだすことがあるので

意見を言えなくなってしまったということもあるでしょう。

 

その辺のコミュニケーションの取り方は難しい部分もありますが

いつも彼に合わせるだけではなく

自分の意見や「どうしたいか」などは普通に言い合える中の方が望ましいですね。

 

言いたいことを言ってすぐにキレるような男性や

機嫌を損ねるような男性であれば、そもそも長続きする恋愛ではないとも言えます。

 

恋愛や結婚は男の心理を知る事でうまくいくようになる

 

男性は結婚を意識しだすのは年齢的に遅い傾向にあります。

 

もちろんこれは人にもよりますが

男性の場合、経済的に自分がしっかり稼げるようになって

安定してから結婚したいと思うのが一般的だからです。

 

逆に女性は早く結婚したいという傾向がありますが

男性はどちらかというとタイミングや「きっかけ」を重視して考えていたりします。

 

ただし年齢を抜きにして

男性も「この女性と結婚したい」と強く思うタイミングがあります。

 

それは、

将来一緒にいてもお互いに仕事もプライベートも充実した生活ができそうだと思えたときや

 

何があっても、お互いに支え合って生きていけそうだなと思えたときなどです。

 

逆に、そもそも結婚願望がない男性もいます。

 

理由は様々ありますが、

たいていの場合、結婚に対してメリットを感じていないからです。

 

それは、自分の両親が小さい頃にケンカが絶えなかったり

幸せそうに見えていなかった場合や

結婚すると自由が利かなくなるという思い込みからくるものがあります。

 

逆を言えば、結婚することのメリットや

自由があることを男性に刷り込んでいけば、結婚への動機づけは完璧です。

 

意外と男性と話しをしてみると、

「結婚」は何故する必要があるのか、ハッキリとした理由を持っていない人もいます。

 

つまり、メリットをしっかりと感じられていない男性がけっこう多いのです。

 

子供は将来欲しいけれど、世間体だったり、

親のためだったり、周りがそうしているから。。という理由で考えている男性もいます。

 

付き合った当初から結婚に対する良いイメージ付けや、

子供に対する価値観を彼と一緒に育てていけることができれば、

後々スムーズに結婚へのステップを上がっていけます。

 

結婚に踏み切りやすいときの男心とは?

 

男性はいつでも結婚願望があるかといとそうではありません。

 

どちらかというと、

「タイミング」や「結婚する理由」「きっかけ」がないとなかなか踏み切れません。

 

例えば、「さずかり婚」なども男が結婚に踏み切るきっかけになるでしょう。

 

一昔前までは「できちゃった結婚」などと揶揄されていましたが

 

最近はその流れも変化し、「良い意味で」捉えている人も増えています。

 

また男性は付き合い始めの1年~3年くらいが

結婚に踏み切る熱が高まりやすい時期でもあります。

 

長引くほど、結婚するタイミングやモチベーションが徐々に薄くなっていきます。

 

他にも引っ越しする時期に同棲を考えたりすることもあるので、

そのタイミングで親に紹介し、プロポーズという流れはけっこうあります。

 

こういった「タイミング」や「きっかけ」づくりを

意図的に考えて、戦略的にやっている女性もいますが

それだけだと後々、失敗してしまうこともあります。

 

あとから後悔しないためにも、男性がどんなことを考え

結婚する相手について何を望んでいるか知っておくことも大事になってきます。

 

恋愛で終わらず、結婚の将来を考えたくなる男心とは?

 

男性の場合、「男は仕事をして家庭を支えていくべきだ」

という前提を持っていることが多いので

 

仕事から帰ってきて支えになってくれる女性や

精神的な安定や癒しを与えてくれる女性が現れたとき

結婚を意識することがあります。

 

よく美味しい手料理で男性の胃袋をおさえれば

結婚できると言われるのもこういった理由があります。

 

女性は男性に対して、経済的な安定や強さ

ずっと守ってくれるという安心感や

愛してくれているという愛情を求めることが多いと思いますが

 

男性も女性に対して、癒しや、刺激

家庭的な安心感を求めているということが言えます。

 

また、一般的に女性は聴覚で男性に惹かれると言われています。

 

例えば、男性の声にうっとりする女性が多いのもそのためです。

 

逆に男性は視覚的な刺激を強く受けると言われています。

マンネリ化しがちなときは、

視覚的に男性に刺激を与えて飽きさせないことも大事かもしれません。

 

男性も女性もお互いに結婚に対して求めているものがあり

どちらがわがままということではありません。

 

お互いが違いを理解しあって、

お互いが楽しくいられるように努力することが大切ですよね。

 

幸せな結婚はお互いの努力があって成り立ちます。

一方がわがままで、文句ばかりをいっても恋愛はうまくいきません。

ときにはちゃんと話し合って、歩み寄ったり、改善しあうことがとても大切ですね。

 

まずは自分自身が、恋愛で同じような失敗パターンを繰り返しているなら

その心理的な原因から改善していくと、かなり状況は一変していきますよ。

恋愛でいつまでもこじらせる人の共通点と負の状態から抜ける方法

 

まとめ

男は結婚したいと思うタイミングやきっかけが必要

  1. 仕事が一人前になって経済的に安定してから
  2. さずかり婚
  3. 引っ越しのタイミングで同棲する
  4. 結婚するメリットや理由が感じられたとき

また男は付き合って1年~3年の間が結婚を考える熱が高い
あまり長く付き合っていると徐々になあなあになってしまうことも

関連記事

  1. 下ネタを言ってくる男性心理!男を上手にかわす方法

  2. 男が語る男性心理!結婚したいと思う女性と遊びで終わる違いとは…

  3. 本当は知られたくない男性心理!復縁したくなる絶妙な時期とは?…

  4. 男性心理を理解しないと何故か不倫や苦しい恋愛を繰り返してしま…

  5. 男性目線で考えると恋愛がうまくいくマーケティング理論とは?

  6. 【男性心理】女に本気じゃない時に見せるリアルな行動11選