引き寄せは【集合的無意識】を意識することで10倍効果を発揮する!?

 

 

こんにちは!齋木です

今日はちょっと興味深い引き寄せの法則の話【集合的無意識】についてお伝えしますね。

 

このことを理解しているかどうかで、毎日の人間関係や恋愛、収入に関する部分まで大きく変わってきます。

 

 

人は潜在意識の領域だけを扱っても人生が思うようにいかないことがあります。

 

それは集合的無意識の領域をしっかり理解していないから。。。

 

実は人間の心は深い部分では全て繋がっていて、それをちゃんと理解して日常の中で実践することで良い出来事が引き寄せられるようになっていきます。

 

 

今日は無意識についての話なので

ちょっと非科学的な話になってしまいますがその点はご容赦ください。

 

 

集合的無意識の領域を理解する

 

そもそもまず潜在意識や無意識についての理解に関して少しお話ししますね。

 

 

よくあるこの図↓ 多くの場面で潜在意識の説明として使われています。

 

普段私たちは全体の意識の10%も使っていない!なんて言われていますよね

 

そして氷山の一部のようになっていて

もっと深い領域は意識されていないと言われています。

 

 

実は集合的無意識で繋がっている

 

前回こちら↓の記事で解説しましたが

 

自分が誰かのことを悪く言うとき、それは自分に対して言っているのと同じだということをお話ししました。

すぐに効果を実感!物事がうまくいかないときに現実の流れを変える方法

 

 

これはどういうことかと言うと人の意識は、深い部分では全ての意識と繋がっているという理屈に基づきます。

 

 

先ほどの氷山の図には続きがあって

以下のように、実は氷山の下の方は陸続きで全てと繋がっているということ

 

 

つまり深い部分では全ての意識と繋がっているというのが、今日お伝えしている集合的無意識の領域です。

 

そして何故、集合的無意識の理解が必要なのかというと

 

先ほどの「悪く口」の話に繋がります。

別に悪口や陰口が出てしまうのは

人間ですから仕方のないことですが、

相手を憎み続けたり、相手を呪ったり、おとしいれようとする行為はよくありません。

 

昔から

人を呪わば穴二つという言葉あるように。

 

 

他人をおとしいれようとする行為は自分に向かってゴミを投げ入れているようなことと同じ意味をもちます。

 

 

何故なら上記の図のように、全て深い領域では意識が繋がっているからです。

 

 

例えば、海にゴミを投げ入れて平気な顔をしていても

 

海は、広い意味では全世界と繋がっているのだから、全てに影響を与えてしまうのと同じことです。

 

 

直接相手に言わなくても、その「想い」というのは、まさに無意識に伝わります。

 

 

その人に伝わらなかったとしても、何等かの形で自分に返ってきています。

 

これは他人に対する想いに限ったことではありません。

 

自分に対しても同様です。

 

自分をいつもいつも責めていたいり

自分を愛せずにいると

それは他人を愛していないことと同義なのです。

 

 

そして他人を傷つけることは、同時に自分を傷つけることでもあります。

 

昔から人類みな兄弟なんて言葉がありますが

これは本当だったんですね

 

なので、こういった集合的無意識で繋がっていることを知らずに、ずっと自分や他人を傷つける言葉や態度をやってしまうと、いつまでも良いことは引き寄せられてこないというわけです。

 

自愛との違いは何か?

 

こちらの自愛に関する記事では

自愛を深めれば恋愛も人間関係も、もっと引き寄せできるようになる

 

ネガティブな感情も吐き出して認めてあげることが大事だとお伝えしました。

そうなんです。

 

これまでの話だと

自分の中の怒りの感情や

嫉妬心など

ネガティブな感情は吐き出すことは悪いことのように思うかもしれませんが

そういうわけではありません。

 

ネガティブな感情を抱くことは人間なので当たり前のことです。

 

相手に対して一瞬ネガティブな感情を抱いたからといって

それが瞬時に集合的無意識に伝わって

何か自分に悪い事が起こるというわけでもないのです。

 

ネガティブな感情に任せて

相手を憎み続けたり、相手が不幸になればいいのに・・という

強い感情を送り続けることが良くないのです。

 

正直僕も何か科学的な根拠を知っているわけでもありません。

だからどこからどこまでが集合的無意識に伝わるのかもわかりません。

 

ですが、ネガティブな感情を抱くことは人間ですから普通にあり得ることです。

不安になったり、悲しんだり、怒ったり。

その感情を抱いた自分を「ダメだダメだ」と責めていては自愛は育ちません。

 

人を憎み続けたり、怒り続けることが良くないのです。

自分の感情をコントロールできなくなって

相手の不幸を願ったり、おとしいれようとすることは

いずれそのツケは自分に返ってくるという意味で捉えておいてください。

 

神経質になって、陰口はよくないとか、

相手を悪くいってはいけない。と考えすぎると、

返ってがんじがらめになるので、もっと気楽に捉えてください。

 

ではどうしたら集合的無意識を知った上で、良いことを引き寄せられるようになるのか?について以下では書いていきますね

 

 

情報に左右されない癖をつける

 

特に気を付けたいのはTVなどのニュースやワイドショーで扱っている話題です。

 

世の中には理不尽な話題や腹の立つ話題が常に流れてきます。

 

こういった話題に振り回されていつも何かに怒りを感じていたり、何かに腹を立てていると、それも集合的無意識に影響を与えることになるでしょう。

 

ネガティブな話題に注目するのではなく

逆に明るい話題やポジティブな情報をできるだけ意識できると、自分の中にも良いエネルギーを集めることができます。

 

 

普段の自分の言動にも注意する

 

普段から会社の愚痴だったり

自分がうまくいっていないことの言い訳などを人に漏らす癖がある人は、少しずつやめていく必要があります。

 

 

何故これらの言動が良くないか

集合的無意識の影響を理解し始めた人ならもうわかりますよね?

 

 

逆に自分に対しても、他人に対しても応援してあげたり、勇気づけてあげられるくらいの優しさや愛がもてるようになると、自分にも別の形で返ってくるでしょう。

 

 

特にイメージを使った方法も効果的です。

 

嫌いな人や、苦手な人に対して、あえて優しや愛をもってその人をイメージするだけで、人間関係が変わったという報告も少なくありません。

 

実際に先日行ったワークショップで集合的無意識を扱ったイメージワークを行ったところ、早速人間関係に変化が起きたというご報告も頂いています。

 

 

それぐらい普段私たちが抱いている他人に対するイメージや言葉は、深い領域では影響を与えているということがわかります。

 

 

最初に説明したとおり、科学的根拠は証明できませんが、実践した人だけが効果を感じられる方法です。

 

まずは自分の言動や、いつも好んで見聞きしている情報、噂話などに注意してみてください。

陰口や誹謗中傷に注目して、その話を自ら広げていないか?

そういった人間関係だけに終始していないか?

 

逆にもっと良い言葉や、相手を思いやる気持ちなどを広げるにはどうしたらできるか。

日々ちょっとずつ意識するだけでも人生に変化がやってきます。

 

今日からちょっとずつ試してみてくださいね^^

 

▼こちらの記事も参考になります▼

【注意!】恋愛の引き寄せがうまくいかない人の共通点が分かった

本当は知られたくない男性心理!復縁したくなる絶妙な時期とは?

 

関連記事

  1. 【やばい量子力学】波動を調整し理想の現実を引き寄せる?トレー…

  2. 前世のカルマを解消すればうまくいく?実は大切な思考の現実化と…

  3. イメージングで潜在意識を教育(書き換え)すれば必ず引き寄せら…

  4. 欲しい物を手に入れるための作用と反作用の法則を理解しよう!

  5. 知っている側になるか、知らないまま生きるか

  6. 潜在意識のパワーを活用するイメージ方を理解すると願いは叶うの…