今日は現状を変えたいときに役立つ、

イメージングの効果的な使い方についてお伝えします。

 

 

「現状を変えたい」

「悪いループから抜け出したい」

 

「今までよりも高いパフォーマンスを発揮したい」

 

というときに是非試して欲しいイメージングのテクニックです。

 

 

これを読んだ後からすぐに実践できるので、是非最後まで読み進めてみてくださいね

 

 

心の状態が結果を大きく左右する実験

 

目標を達成しようとして行動を起こす際に

 

事前の心の状態が結果を大きく左右するというのは、

 

もしかするとあなたも経験的に感じているかもしれません。

 

 

ストレスを強く抱えたままだったり、

不安を強く抱えたまま行動を起こす場合と

 

安定した心の状態や

ポジティブな意識状態で行動を起こす場合とでは

 

確かにパフォーマンスの質も変わってきます。

 

 

実際にある心理学研究チームは

医師たちを集めて

 

「心の前提がどのように結果を変化させるか」

という実験を行いました。

 

 

①ポジティブな心の状態を設定しておいたグループ

 

②ストレスを設定しておいたグループ

 

③特に何も設定しなかったグループ

 

 

この3つのグループに分けて

医師たちには同じ問題を抱えた患者を想定して

 

ロールプレイング(仮想の練習)を行ってもらいました。

 

すると、

①のポジティブなマインドを事前に設定していたグループは

 

豊かな創造性を発揮し、スムーズに診断を終えました。

 

これは③のグループに比べて

約2倍の速さで問題を解決し診断を終えたという結果でした。

 

 

実はこういった実験結果はいくつも証明されているんです。

 

 

僕たちがいかに良い結果を引き寄せることができるのかは

心の前提の設定次第ということですね。

 

 

ネガティブな前提を設定していると起こること

 

「今からみんなの前で3分ずつ最近の出来事についてスピーチをしてもらいます。」

 

 

という課題を急に与えられたら、

誰でも多少の緊張やストレスを感じると思います。

 

 

ストレスを抱えたまま何かアクションを起こす場合と

 

事前にリラックスし準備をして、

ポジティブなマインドを設定している状態では

 

パフォーマンスが20%程度変わってくるともいわれています。

 

そして、ここで一番気になるのは

「ポジティブな事前の設定」とは

いったいどんなことをやればいいのか?という点です。

 

 

ポジティブな前提を入れておくことで得られる最大の効果

 

先ほどの医師たちの①つめのグループで行った

ポジティブな心の設定ではいったい何をしたのかというと

 

 

「事前にキャンディーを渡しておいた」という、

とってもシンプルな方法でした。

 

 

「え?たったそれだけ?」と思われるかもしれませんね。

(僕もそう思いました!)

 

でも事実なんです。

 

①の高いパフォーマンスを発揮したグルーには

事前にキャンディーを配って

「幸福感」を少し増幅させていたということ。

 

 

たったこれだけの事前の設定で、

脳はストレスに対処できるようになり

ポジティブな心理状態で物事にスッと入れるようになります。

 

 

なので、職場でもストレスを軽減するために

ちょっとした仕組みを作っておくだけで、

どんどん良い結果を得られるようになるかもしれません。

 

 

ここで大切なことは

甘い物が脳に刺激を与えたという科学的な根拠ではなく

 

 

幸福感を事前に少しでも設定して持っておくことが重要だということです。

 

 

そして、ここからは、

更に良い結果を引き寄せるためのテクニックについてお話しします。

 

 

イイ感じに引き寄せるための「イメージの設定」方法

 

目標を達成しようとする際に

ネガティブな心の前提を抱えたまま行動に移すのと

 

ポジティブな心の前提を設定して行動を起こすのでは

 

 

結果として得られる引き寄せ効果が格段に違うということが少しずつわかってもらえたと思います。

 

 

では、今日から使える

「心の事前の設定」として役立つ方法を少し紹介したいと思います。

 

 

アクションを起こす前にイメージングをする

 

非常にシンプルですが、

非常に高い効果を得られます。

 

具体的には、

仕事やプライベートで何かアクションを起こす際に

 

一分だけでもいいので、「過去の出来事の中から最高の状態を思い出す」

 

というイメージングを行います。

 

 

潜在意識には時間の概念がありません。

 

思い出す過去のイメージも、現在の体感としてとらえることで

「今、心地良い状態」を創りだすことができます。

 

 

すると今の心の前提も少しずつ切り替わっていきます。

 

つまりストレスをそのまま受け入れるのではなく

 

対処できるレベルに持っていくことができるようになるというわけですね。

 

 

このようにちょっとした事前の準備を行うだけで

得られる引き寄せの効果や、

パフォーマンスの制度が高まっていきます。

 

 

これは仕事だけに使える方法ではありません。

 

 

プライベート面でも、何か良い結果を得たいと思っているときは

「過去の最高の体験」を思い出して、脳に設定しておく。

 

 

たったこれだけで、あなたの目標や夢がサクサク達成できるとしたら?

 

あなたも実践して自分の目で効果を体験することで更にその効果は高まります。

 

 

まとめ

結果を大きく左右するのは事前の心の状態によって変化する

高いパフォーマンスを発揮するには

事前にポジティブで幸福な心の状態を自分で意図的に作り出しておくこと

そのために今日からできる方法として

1分間「過去の最高の状態をイメージする」という方法を取り入れる

これだけでも結果が大きく変わってくる