執着について今までたくさん話しをしてきましたが

今日の話は特に知って欲しい内容です。

 

執着を手放すことの大切さを知る事は

恋愛に限らずビジネス面やコミュニケーション、

お金のことに関する全ての要素でとても大切なポイントになるのでじっくりと読んでみてください。

 

 

同じことをやってもうまくいく人。そうでない人

 

何故執着について書こうと思ったのかというと

ある知り合いのビジネスマンが二人いて

どちらも同じ時期に同じ商売を始めたのだけど

友人Aはどんどん上手くいっているのに

もう一方の友人Bはなかなかうまくいっていない。

 

そんな現実を二人から見せられたとき

 

何故だろう???と本当に疑問に思ったんですね。

 

 

何故疑問に思ったのかというと

あまりうまくいっていないBくんの方が

ホームページもすごく見やすくてこだわって作っているし

熱意も強く感じるんです。お客様に伝えたい!って感じです。

 

 

で、逆に売れてるAくんの方はとってもゆるい感じでマイペースにやっていて

ホームページも普通な感じです。

 

ちなみに、性格的にはAくんもBくんもとても人当たりが良くて凄くいい人です。

 

 

非常に頑張っていて熱意を感じるのはBくんなのに何故かAくんの方が売れまくっている。

 

とても疑問に思いました。

 

何故、同じ時期に同じことをスタートさせたのに、一方はすごく上手くいって、一方はうまくいかないのか。

 

センスや才能が違うからでしょ!

という言葉で片付ければそうなのかもしれませんが、

 

 

こういう現象ってビジネスに限らず

どんなことでも見られますよね?

 

 

あなたは何故だと思いますか?

 

 

僕は仕事柄

こういった現象には必ずその人自身の深層心理(潜在意識)が働いていると思っています。

 

つまり

うまくいかせている深層心理と

うまくいかせていない深層心理の違いがある

ということです。

 

 

二人にインタビューをしたわけではありませんが

日頃から二人の言動を観察していると

どうもやっぱりうまくいっていないBくんの方には

「執着」があるんだなということがわかりました。

 

 

これ頑張っている人は意外と気づきにくいのですが

熱意や頑張りが執着になってしまっているとどうしても物事がうまくいかなくなります。

 

 

他人には自分の執着が伝わってしまう説

 

恋愛でもそうですが

どうしても相手を自分に振り向かせたい!と頑張ったり

他人を自分に向けさせようと頑張ったり

注目させようと頑張ったり

 

ビジネスでも

相手にこの商品を買わせようと頑張ったり

ここまで丁寧なサービスをしたのだから感謝すべきだと思ったり

 

これらの言動に共通しいるのは

他人をコントロールしようとする気持ちです。

 

 

逆の立場になって考えてみるとわかると思いますが

誰かがいつも心の中であなたを思い通りにしようと頑張っていたら、なんとなく嫌な感じがしますよね?

ちょっとうざったい感じがしませんか?

 

 

なので、どうしても自分のことを分かって欲しい、振り向いてほしい!と執着してしまうと、

その思いが相手に伝わって、逆にうっとうしく思われてしまうこともあるんですね。

 

 

実際に言葉に出さなくても執着心は相手に伝わってしまいます。

 

それは以前こちら↓の記事でも紹介したとおり

人間は無意識の領域では一つに繋がっているからなんです。

引き寄せは【集合的無意識】を意識することで10倍効果を発揮する

 

声に発さなくても、心の奥ではみんな繋がっているので、自分の気持ちは相手になんとなく伝わります。

 

 

なので、

先ほどのBくんが何故うまくいっていないのかというと、頑張る矛先がちょっとズレてしまっていた。ということだったのです。

 

 

頑張ること自体が悪いのではなく

執着してしまっていると結果が思うようにならないということなんですね。。

 

 

一方のAくんは結果をあまり期待せず、ただ淡々とやるべきことやったり、相手を楽しませることを考えてやっていました。

 

 

自分がここまでサービスしたのだから、お客様は購入すべきだ!みたいな感情が殆ど伝わってきません。

純粋に淡々と行動していたようです。

 

 

執着心と純粋な努力を間違えない

 

執着心と純粋な努力は全く別です。

 

執着は相手を自分のためにコントロールしようと頑張る心で

純粋な努力は相手のために一方通行でも構わないから頑張る心です。

 

 

執着心を持っていると、自分がこれだけ努力したのだから、あなたもこれだけ返すべきだという気持ちで動いてしまいます。

 

これだけたくさんのサービスをしているのだから、お客さんもそれにこたえるべきだ!とか

メールしたのだから、返信すべきだ!とか

 

これ↑誰でも無意識にやってしまうことですよね。

 

行動の裏側に相手をコントロールしたい気持ちが働いてしまっています。

 

 

執着心を手放して、自分軸で楽しく生きるなら

一方通行でも全然OK!という気持ちで行動できれば、逆に相手から倍以上になって返ってきたりします。

 

簡単いうと期待しすぎないということですね。

 

 

もちろんいきなりそんなふうにできないかもしれません。

 

 

でも今日、この事実を知ったあなたは少しずつこの新しい考えで恋愛や仕事、人間関係を楽しくしていけると思います。

 

相手に見返りを期待しないというのは執着を手放すことになり、狭い心の領域から広いオープンな領域に心を開くことができます。

 

するとあなたが受け取れる量も自然に大きくなっていくと思います。

 

まとめ

何故同じことをやっても、うまくいく人とそうでない人にわかれるのか?

頑張りの裏に執着心があるとうまくいかない。

お客様のために私は頑張ってます!という人は要注意。

そこに期待や見返りを求めていたり、相手を思い通りにしたいという気持ちが働くと

その気持ちは相手にも伝わってしまう。

執着を手放すには、結果を期待せず目の前のことを楽しく、淡々と実行できるか?が大事

 

 

更に詳しい内容は以下のメルマガでも扱っています。

↓↓↓