こんにちは齋木です。

若い頃は出会いもあったし、少々モテた時期もあったのに、30代、40代と大人になるにつれ自分に何となく自信がもてなくなってしまった。という方

 

また、昔から恋愛には自信がなく、これからどうやってパートナーと出会っていけるのか不安だという方。

 

今日はどうしたら頑張らずに素敵で幸せな出会いがつかめるようになるのか?についてお話ししていきましょう。

 

 

あなたはどんな出会い方でパートナーを引き寄せたい?

 

よく個人セッションの場で質問されるのは

「偶然居合わせた場所で、意気投合し、運命的な出会いをしたいのですがどうすればいいですか?」とか

 

「無理せず自然な出会い方をした人とお付き合いしたい」とか

 

「婚活パーティーとか無理なんですけど、どうしたら良い出会いが引き寄せできるでしょうか?」といったご質問

 

 

こういった願望は男女問わず持っているかもしれませんし、できれば出会いの場に出向かずに、自然な形で恋愛に発展したいというのは、普通のことでしょう。

 

ただし、

ここでポイントなのが「何故、そういった出会い方にこだわるのか?」という前提です。

「自然な形」とか「偶然の出会い」とか「無理のない出会い方」というこだわりです。

 

 

何故こういった出会い方を人は求めるのでしょうか?

 

それは人生においてロマンティックな幻想を無意識のうちに追い求めているからなのかもしれませんし

 

もしくは、労せず、無理せず、自然なコミュニケーションで出会いたいとうい本音があるのかもしれません。

 

ですが、実は「出会い方にこだわる」というのは、本当に幸せな恋愛をゲットするためには不必要な考えだとしたら、あなたはどうおもいますか?

 

 

パートナーと相性があって、素敵な方であれば、本来は出会いの形はどうでもいいのです。

 

こんなことを言うと

「じゃぁどうやって出会うの?」という声が聴こえてきそうですね。

 

30代や40代、50代になっていくにつれ

「出会いがどんどん減っていく」という思いがあるのは当然でしょうし

 

周りが結婚していけば、自分は取り残されている・・・という思いが出てくるのも当然です。

 

しかし、一方でどんなに年齢を重ねても、素敵な人と出会って恋愛をしている方はたくさんいるのも事実です。

 

それは容姿や環境にかかわらず、あなたがどんな仕事をしていようが、どんな容姿をしていようが、実は自分の心の持ち方で、「出会い」というのは広げることができます。

 

 

心の持ち方で出会いは180度変わる

 

もし今の自分が赤色のレンズのサングラスをつけていたら

目の前の世界はどんな色に見えるでしょうか?

 

またもし、青色のレンズのサングラスだったらどう見えるでしょうか?

 

これは一種の例え話ですが

実は人間の幸不幸は、自分の内部の「フィルターの色」によって決まるとしたら、どうでしょう。

 

 

自分が無意識に「赤色」のサングラスをかけ、「それがこの世界だ」と信じ込んでいたら・・

その枠から抜け出すには、「自分は間違った色のフィルターで見ていたんだ」と客観的に気づくしかありません。

 

このレンズの色やフィルターこそが、

「自分のこだわり」や「固定観念」や「価値観」というものです。

 

私はこういう男性こそが、自分にピッタリ合うはずだというこだわりを持っていた場合、

 

それはまさに、「自分の心にフィルターがかかっている状態」なのです。

 

恋愛においては、特に人間の「こだわり」や「ルール」が持ち出されることが往々にして起こります。

 

 

例えば、出会い方にこだわるというのも同じです。

 

「私は合コンが苦手だから、絶対にいかない」とか

「私は婚活パーティーとか、お見合いなんて苦手だから絶対にしない」とか

 

こういった「こだわり」が実は自分のパートナー探しがうまくいかない壁になっているとしたら?

 

ここで勘違いしてほしくないのは

別に合コンにいった方がいいとか

婚活パーティーに積極的に参加した方がいいと言いたいのではないということです。

 

出会いの形なんて本当はどうだっていい。ということ。

 

どんな出会い方をしようと、素敵なパートナーと幸せな生活ができれば、それがベストだということです。

 

 

あなたが苦手とする物事の中に答えはある

 

「自然な形でパートナーと出会いたい」という人たちの理由を聞いていくと、こんな答えが返ってくるときがあります。

 

「だって、初対面の人と雑談するのが苦手だから」とか

「いきなり恋愛目的のつもりで話を進めるのが苦手だから」とか

 

つまり自分の苦手なことを避けたくて、それよりも自然な形でコミュニケーションがとれるシチュエーションの方が自分には向いていると勘違いしてしまっていることがあります。

 

 

要は、「何かを避けたい」という思いの背景には

 

「自分は人と話すことが苦手だ・・・」という思い込みが隠れているのに、そこには目を向けず、自分のできることだけで済ませようとしてしまっているといことです。

 

この状態で恋愛をうまくいかせようと頑張っても、ハッキリ言ってうまくいきません。

 

 

何故なら「自分の信じ込み」の方が強く現実に反映されるからです。

 

つまり、自分は人と話すことが何となく苦手だという意識をもっている状態だと、それを避けようとする潜在意識が、恋愛をうまくいかせる行動にブレーキをかけてしまうことになります。

 

 

もう少し分かりやすくいうと

  • 苦手なことを避けたいから出会い方にこだわる・・という状態と
  • 出会いなんてどんな形でもいいじゃないか。何故ならどこにいてもいい人はいるんだから・・・という状態では

引き寄せられてくる現実は変わってくるということです。

 

それくらい人間の信じ込みというのは現実を大きく変えてしまいます。

 

 

自分の課題を乗り越えると景色が変わる

 

実際に上記のような思い込みを強くもっている女性が個人セッションにいらしていたのですが、自分のこだわりや思い込みい気づいて、客観的にそれを崩していったことで、本当に自然な形で結婚相手となる男性と出会えたという事例があります。

 

もしこれを読んでいるあなたも、何か思い当たるふしがあるとしたら、自分の中にどんな思い込みや無用なこだわりが隠れているか、チェックしてみてください。

 

自分の行動の裏には「何かを避けたい」という理由が隠れているかもしれません。

 

それこそが、実は自分の課題であり、乗り越える必要のあるテーマです。

そのことに気が付いて書き換えていくことで、人生で引き寄せられてくることは大きく変化していきます。

 

まとめ

素敵で幸せな恋愛を実現させるには、自分の恋愛に対する隠れたこだわりや思い込みに気づくこと

例えば、それは出会い方にこだわりを持っているケースが往々にしてある

こだわりを持つということは、その裏側には「こうあるべき」とか「これが自分は苦手だから」という意識が働いていることがある

実は「何かが苦手」とか「何かを避けたい」という思いの方が恋愛のブレーキになっていることがある。

こういった思いに気づいて、本当の自分の課題を乗り越えていくことが大切。